子宮全摘手術後、左足の付け根が痛む

回答者・織田克利
東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座生殖腫瘍学准教授
発行:2017年2月
更新:2017年2月

  

1カ月ほど前に子宮体がんの開腹手術を受けました。病期(ステージ)Ⅰ期で、単純子宮全摘出術です。手術後より左下腹部に鈍痛が起きており、左足付け根の辺りもピリピリとした痛みのようなものが続いています。こうした痛みは、時間の経過とともに治まってくるものなのでしょうか。排尿時にも時々痛みを感じることもあります。

(64歳 女性 群馬県)

手術の合併症でないことの確認を

東京大学大学院医学系研究科
産婦人科学講座生殖腫瘍学
准教授の織田克利さん

比較的早期の子宮体がんで、子宮と両側の卵巣・卵管を摘出したと思われます。リンパ節に関する情報がありませんが、リンパ節郭清(かくせい)を受けているかどうかで、術後の状態も変わってきます。もし行っていれば、浮腫(むく)みなども出てきますし、左足付け根の違和感を生じることもあります。

術後に一時的に血腫(血の溜まり)ができるなど、少し調子が悪くなることがありますが、まずは主治医に手術に伴う合併症の可能性があるのかどうか、確認しておいたほうがよいと思います。1カ月という時間が経っているので重い副作用ではないと思いますが、手術に伴う長期的な合併症が潜んでいないことを確認しておけると安心です。相談者の場合、左側だけ痛いということですが、手術操作は基本的に左右対称に行うので、左側の痛い部分に原因となるようなものがないかを見ておくとよいでしょう。手術操作によって何かしら骨盤内の神経に影響が出ることもあり得ます。

手術の前になかった症状が手術後に出てきているようですから、主治医に症状をしっかりと伝えましょう。術後1カ月の時間経過の中で、いつ頃からどのような症状や痛みを感じ、今その痛みがどれ位残っているのか、まずは自分で整理して、主治医に伝え、納得いく説明を得られるように調べてもらうとよいでしょう。CT(コンピュータ断層撮影)検査なども有効です。

まずは、手術でのトラブルがなく、時間をかけてゆっくりと体調を戻してよい状態かどうかを確認することが大事です。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!