各種がん

非小細胞肺がん

今、最もホットな話題――開発が進む3つのタイプの抗体薬

2014年6月

「現在肺がんで開発が進められている3タイプの薬剤は、将来期待がもてます」と話す田村研治さんがん免疫療法は、第4のがん治療として長年期待されてきたが、これまでなかなか良い結果を得ることができなかった。しかし、最近になってその状況が変わりつつある。これまでの免疫療法とは全く異なる発想に基づいて開発された薬剤で、次々と良い結果が得られているのだ。新しいメカニズムの免疫療法の開発が進められているがんに対す...

詳細はこちら

新しい分子標的薬はより標的を絞り、より副作用を抑える

2014年6月

「日本の医療界全体で取り組んでいます」と笠原寿郎さんイレッサやタルセバの登場で治療が大きく進んだ非小細胞肺がんだが、まだまだ新薬開発の動きは止まらない。第2世代、第3世代と呼ばれる分子標的薬の臨床試験が続々と行われている。新薬開発の現状とその特徴をレポートする。受容体からの刺激伝達を防ぐ肺のがん細胞を模式図にすると、図1のようになる。表面の細胞膜から、様々な受容体が突き出ている。そして、受容体が受...

詳細はこちら

【呼吸器内科医×患者対談】医療者と十分コミュニケーションをとり、自分に合った治療法を選ぶ 自分で納得した肺がん治療を行うために

2013年11月

自分にあった治療法を選択するために、医療者と上手にコミュニケーションをとっていくことの大切さを話し合うSさん(右)と古屋直樹さん(左) 遺伝子検査により、自分のタイプに適した個別化治療が進む肺がん治療。自分自身で納得し、自分に合った肺がん治療を受けるためには、医療者とのコミュニケーションが大切です。遺伝子検査でALK融合遺伝子陽性であることが判明し、新薬ザーコリによる治療を続ける患者さんとその主治...

詳細はこちら

非扁平上皮がん患者さんに対する維持療法 進行肺がんに新たな選択肢をもたらした維持療法

2013年11月

全身状態がよく、治療に意欲のある方に勧めていると話す柴田さん 進行した肺がんではこれまで、導入治療(1次治療)で抗がん薬の併用化学療法や化学放射線療法を終えると次の手が少なかった。しかし、最近は導入療法で腫瘍サイズの縮小や症状の改善がみられた患者さんを対象に、引き続き維持療法が行われるようになり、生存期間の延長などが認められている。高齢者が多く、腺がんが60%以上最近の厚生連高岡病院での肺がん患者...

詳細はこちら

上皮成長因子受容体遺伝子変異陽性の肺がん治療に期待の効果! 分子標的薬の適応拡大で肺がん治療はさらに一歩前進する

2013年11月

「副作用にうまく対処し、より効果的な治療を選んでほしい」と話す岸 一馬さん個別化医療の流れの中、急速に進歩する肺がんの薬物治療。2013年6月から、分子標的薬の1つで上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬に分類されるタルセバが、上皮成長因子受容体遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんの1次治療に使えるようになった。進行再発肺がんの治療選択肢が1つ増えたことになる。その効果は、副作用は、どのように治療法を...

詳細はこちら

自分のタイプに合った薬に出合うために遺伝子診断を受けよう!

2013年2月

中西洋一(なかにし よういち)九州大学大学院呼吸器内科学分野教授1980年九州大学医学部卒業。佐賀医科大学助手、九州大学助手、同講師、同助教授を経て、2003年より教授。2010年九州大学主幹教授となる。現在、日本呼吸器学会理事、日本肺癌学会理事長を務める間野博行(まの ひろゆき)自治医科大学分子病態研究センターゲノム機能研究部教授/東京大学大学院医学系研究科ゲノム医学講座特任教授1984年東京大...

詳細はこちら

イレッサは、効果と副作用の面から見ると長期に渡って治療継続が期待できる EGFR遺伝子変異陽性肺がんはまず分子標的薬で治療する

2012年12月

治療継続を考えたらイレッサが 第1選択薬と語る 前門戸任さん 肺がんの治療は、まず遺伝子検査を行い、その結果に基づいた治療を選択する時代に入った。 EGFR遺伝子変異陽性の肺がんなら、1次治療で選択されるのは分子標的薬のイレッサ。小細胞肺がんと非小細胞肺がん[図1 肺がんの組織型分類] 国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスプラクティカル内科シリーズ1肺癌 [図2 肺がん組織型分...

詳細はこちら

第1号のクリゾチニブが米国で承認。耐性ができても、効く次世代の薬も続々開発中 最新報告!ALK阻害剤の開発はここまで進んでいる

2011年11月

クリゾチニブの目覚しい症例を 報告した 木島貴志さん ALK阻害剤の研究を リードしている 間野博行さん 肺がんの新しい分子標的薬「ALK阻害剤」の開発は第2段階に入った。 先行するクリゾチニブを1次治療、第2世代のALK阻害剤を2次治療に使うという道筋まで見えてきた。 一方、治験の現場からはクリゾチニブの目覚ましい効果が次々と報告されている。 次世代のALK阻害剤も開発肺がんの化学療法...

詳細はこちら

手術の効果は不確かな部分も。化学放射線療法に期待 非小細胞肺がん3期の治療法はどれがいいか?

2011年11月

がん化学療法の専門家である 久保田馨さん 肺がん全体の約8割を占める非小細胞肺がんのなかで、治療が難しいといわれるのが3期のがんです。 がんの進み具合によっては治療法が異なり、その見極めが難しいのです。 患者個人にとって、最も適しているのはどんな治療なのか、メリット・デメリットを十分に理解したうえで治療法を選択したいものです。 リンパ節転移が3期のポイント [縦隔の場所] [非小細胞がんの...

詳細はこちら

使える武器は増えている! より効果的な薬剤選択を より戦略的に、より効果的に。個別化治療が進む肺がんの化学療法

2011年11月

治療の選択肢が増えた分、患者と医療者とのコミュニケーションが 重要だと話す 秋田弘俊さん 遺伝子変異や組織型により、個別化治療が進んでいる肺がんの化学療法。より戦略的に、より効果的な治療を受けるために――。 今1度、肺がんの化学療法についておさらいしよう。転移したがんの治療には化学療法が必要になる肺がんが肺にとどまっていれば、治癒を目的とした手術が行われる。病期でいうと、主に1期と2期がこれに該当...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!