がん相談

甲状腺がん

濾胞性腫瘍の疑い。手術は必要か

2010年11月

病院で超音波検査と細胞診を受けた結果、甲状腺に異常が見つかりました。濾胞性腫瘍の疑いがあるとのことです。肺や骨の異常はありませんでした。甲状腺の濾胞性腫瘍には、良性の濾胞腺腫と、悪性の濾胞がんがあると聞いています。濾胞がんの確証がなくても、手術は受けなくてはいけないのでしょうか。また、手術は、甲状腺全摘術しかないのでしょうか。(青森県 52歳 女性)A 手術で腫瘍を切除し、顕微鏡で検査する必要あり...

詳細はこちら

甲状腺未分化がんの治療法はあるか

2010年11月

66歳の母のことでご相談です。最近、首にできたしこりが急激に大きくなって、声が出にくくなりました。食事をするときも、食べ物が通りにくくなったと言い、呼吸も苦しそうです。病院で検査を受けたところ、甲状腺がんの中の未分化がんという種類のものとのこと。甲状腺にできたしこりが反回神経(声帯を動かす神経)や気管、食道に浸潤し、首のリンパ節のほか、肺にも転移しているとのことです。どんな治療を受けたらよいのでし...

詳細はこちら

甲状腺乳頭がんが肺転移。治療法は?

2010年11月

2年前、急に声がかすれるようになり、病院での検査の結果、甲状腺左葉に乳頭がんが見つかりました。腫瘍の大きさは2センチほどで、3センチ大のリンパ節転移もありました。甲状腺の右葉は残し、甲状腺左葉切除と頸部リンパ節郭清の手術を受けました。手術後、定期的に検査を受けていましたが、最近、肺転移の疑いがあると言われました。肺転移の場合、どのような治療が可能なのでしょうか。(岐阜県 54歳 女性)A 残りの甲...

詳細はこちら

髄様がん。術後経過観察と予後予測をどのようにするか

2010年8月

病院の検査で、甲状腺髄様がんと呼ばれる甲状腺の悪性腫瘍とわかりました。遺伝性のものかどうかを調べる遺伝子診断も受けたところ、遺伝性のものではないとのこと。手術を受けるつもりですが、術後の経過観察の仕方と予測される予後について、アドバイスをお願いします。(徳島県 50歳 男性)A 術後経過は腫瘍マーカー、予後はリンパ節転移で判別甲状腺髄様がんは、甲状腺がん全体の1~2パーセント程度のまれながんです。...

詳細はこちら

直径1センチ未満の乳頭がん。経過観察だけでよいか

2010年8月

健康診断の超音波検査で甲状腺に異常が見つかり、細胞診で直径1センチ未満の甲状腺乳頭がんと診断されました。病院からは、経過観察だけでとくに治療は必要ないと言われました。お伺いしたいことは2つあります。1つは、甲状腺乳頭がんは、超音波検査と細胞診で簡単に診断できるのかどうかということ。もう1つは、このまま経過観察だけでよいのかどうかということです。(秋田県 55歳 女性)A 転移や組織外への浸潤がなけ...

詳細はこちら

甲状腺葉手術にはどんな後遺症があるか

2010年8月

病院の検査で甲状腺右葉に乳頭がんが見つかりました。腫瘍の最大径は1.5センチほどで、リンパ節転移なし、肺転移なし、甲状腺外への浸潤なしとのことです。甲状腺左葉は残し、甲状腺右葉切除手術を受ける予定です。甲状腺葉手術による後遺症は少ないとのことですが、気になります。どんな後遺症があるのか、教えてください。(福井県 52歳 女性)A 甲状腺機能低下などがあるが、確率は低いご相談者の病期は、原発腫瘍の状...

詳細はこちら

甲状腺がんの手術後に補助療法は必要ないか

2010年5月

2010年の1月に甲状腺がんと診断されました。低危険度の乳頭がんと言われ、甲状腺の左側半分を切除する手術を受けて、手術後の補助療法(ヨード治療*)などは行っていません。最近見たインターネットの情報で「低危険度の乳頭がんでも、手術後、10年、20年経ってから再発することもある」とあったのですが、どのくらいの割合で再発するのでしょうか。手術後の補助療法を受けたほうがよいでしょうか。(長崎県 女性 42...

詳細はこちら

甲状腺がんの手術で声がれなどが起こるか

2010年2月

甲状腺がんの手術を間近に控えています。手術によって、声帯に傷がつき、声がかれたり、長時間話しにくくなったりする可能性はどれくらいあるのでしょうか。また、そうした症状が出た場合、改善させる方法はありますか。(大阪府 女性 44歳)A 声帯を動かす神経の麻痺が原因。改善方法もある「声帯に傷がつき」とお書きですが、声帯そのものに傷がつくわけではなく、声がかすれるのは反回神経の麻痺が原因です。反回神経は声...

詳細はこちら

甲状腺乳頭がんで手術を勧められている。手術以外の治療法は?

2009年11月

総合病院の検査で、甲状腺に腫瘍が見つかりました。細胞診の結果、甲状腺乳頭がんと言われました。腫瘍の最大径は2センチほどで、肺転移なし、リンパ節転移なし、甲状腺外への浸潤なしとのことです。手術を勧められています。自覚症状はほとんどなく、日常生活では不自由を感じることはまったくありません。手術は受けなければいけないのでしょうか。手術以外の治療法はないでしょうか。ご意見をお聞かせください。(青森県 53...

詳細はこちら

甲状腺濾胞がんの可能性。手術前に画像診断などで診断はできないものか

2009年11月

超音波検査の結果、甲状腺がんの疑いがあると指摘されました。中でも、比較的稀な甲状腺濾胞がんの可能性があるとのことです。しばらく経過を見て、腫瘍が大きくなるようなら手術をする予定です。手術前に、画像診断などで、診断はできないものなのでしょうか。(山梨県 61歳 女性)A 良性との区別が難しい濾胞がん。顕微鏡で調べる甲状腺がんの診断は一般に、超音波検査と細胞診、血液検査などによって行いますが、濾胞がん...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!