ステージⅠ(I)の舌がん。手術の影響は?

回答者・林 隆一
国立がん研究センター東病院副院長/頭頸部外科長
発行:2015年10月
更新:2019年8月

  

舌の縁の部分にしこりができて受診。舌がんと診断されました。がんの大きさは約2㎝で転移はありません。手術を勧められましたが、術後の発声や嚥下、咀嚼、味覚などについては、どの程度影響するのでしょうか。また、放射線治療では根治は難しいのでしょうか。

(56歳 男性 愛知県)

手術による機能障害はほとんどない

国立がん研究センター東病院
副院長の林 隆一さん

舌がんは舌の両側や下面によく見られます。がんの大きさが2㎝以下で、頸部リンパ節への転移がない場合はステージⅠ(I)です。

ステージⅠ(I)の手術の場合、がんが小さく浅ければ局所麻酔での日帰り手術や、数日の入院で済みます。術後数日は舌が腫れたり痛みを伴ったりして食事が食べにくいことがありますが、次第にそうした症状は消失していきます。

また、舌の変形や舌尖部のしびれが残ることがあるものの、発声や飲み込み、咀嚼などの機能障害はほとんどありません。味覚障害になることもありません。

放射線治療の場合は組織内照射が行われます。組織内照射は放射線が出る線源を患部に直接刺し入れて留置し、集中的に放射線を照射する方法です。

低線量率照射法と高線量率照射法があり、どちらを行うかは施設によって異なります。細心の注意を払って治療が行われますが、まれに下顎骨の骨髄炎などの晩期障害が起こることがあります。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!