FOLFIRINOX療法を受けたい

回答者:森実 千種
国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科医師
発行:2013年1月
更新:2014年1月

  

65歳になる父の膵がんについて、ネットで膵がんの治療には、FOLFIRINOXという新しい治療法があり、現在臨床試験中と知りました。できればこの治療を受けさせたいのですが、この治療を受けるに当たっての条件などがあれば教えてください。

(東京都 女性 35歳)

A まだ研究段階なので標準治療を

現在、膵がんの全身化学療法としては、ジェムザールもしくはジェムザールとタルセバで最初に治療することが、標準治療となっています。

ジェムザール単剤より優れた治療成績を期待できる治療法として、ご相談者のおっしゃるFOLFIRINOXと呼ばれる5-FUとロイコボリン+イリノテカン+エルプラットの4剤を併用した治療法があります。

ジェムザールとタルセバを使った併用療法は日常診療でも受けることができますが、2012年11月現在、FOLFIRINOXは保険診療での治療が認められていません。

海外からの報告では標準治療のジェムザールを大きく上回る優れた治療成績を出していますが、その一方で、多剤併用療法だけに強い副作用も報告されています。日本でも、この治療法は注目されていて、現在、第2相試験が進行中です。海外で報告された結果と同程度の副作用なのか、それとも日本人にはもっと強い副作用が報告されるのか、まだわかりません。そのため安全に日常診療で行うためには、日本人によるデータを確認しなければなりません。

ですから、現状の最善の治療法であるジェムザール単剤かジェムザールとタルセバの併用療法での治療を受けることをお勧めします。

ジェムザール=一般名ゲムシタビン  *タルセバ=一般名エルロチニブ 5-FU=一般名フルオロウラシル

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!