閉経後に子宮筋腫が大きくなり不安

回答者:宮城 悦子
横浜市立大学 医学部産婦人科准教授
発行:2005年4月
更新:2013年12月

  

2004年夏に出血があり、MRIや血液検査を受け子宮筋腫(7センチ)との診断を受けました。問題はないということでしたが最近検査を受けたら大きくなっており、10センチになっていましたが、細胞診とMRIで筋腫と診断されました。閉経して3年ほど経ちますが、筋腫が大きくなることはあるのですか?担当医は問題ないと言っていますが、大きくなると肉腫の可能性もあるということを聞き、非常に不安です。念のため他の病院でも検査を受けたほうがよいでしょうか?

(福井県 女性 53歳)

A 一般的に閉経後は縮小。慎重に経過を観察して下さい

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、症状がなく、閉経後縮小していく場合は経過観察のみ行うことも多くありますが、子宮肉腫は悪性腫瘍ですので治療が必要になります。肉腫では原則として子宮だけでなく卵巣卵管も合わせて摘出します。術前の診断が困難な場合、最終診断は摘出した子宮の病理診断になります。子宮筋腫として子宮だけを摘出する手術を行い、あとで肉腫が判明するケースもあります。

MRIや超音波検査などを総合して良性の子宮筋腫と考えられていても、子宮筋腫と子宮肉腫は外見上区別がつきにくく、閉経後にも増大が続く場合には肉腫の可能性も念頭に置き慎重に経過観察を行うべきです。子宮筋腫は女性ホルモンに刺激されて大きくなるため、一般的に閉経後には縮小していきます。経過を観察し、状況によっては摘出手術の判断となります。不正出血がある場合はさらに要注意です。

閉経して3年ということで判定は微妙な時期ですが、今後さらに大きくなるようなら、やはり手術により摘出した子宮の検査で診断をつけることが必要になってくると思います。

ご心配な場合、専門病院でセカンドオピニオンを受けることを考えても良いと思います。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!