1. ホーム > 
  2. 各種がん > 
  3. 肺がん > 
  4. 肺がん

各種がん

肺がん

肺がん手術のセルフケア 術後のつらさを軽減する方法がある! 手術が決まったらすぐ始めよう 術前の呼吸訓練で合併症を防ぎ、より早い回復を

2013年11月

「術後の経過や呼吸訓練など、事前に必要な情報を伝え、患者さんの不安も軽減したい」と話す山本 綾さん 手術の際は、「患者には何もすることがない」と考える人が多いかもしれません。ところが実際は、患者さん自身が術前から行うセルフケアがとても重要です。特に肺がんの手術を受ける場合には、呼吸訓練や禁煙など、術後合併症の予防をはじめ、術後のつらさを軽減したり、それまでの生活により早く戻れるための対処法がたくさ...

詳細はこちら

再発肺がん:〝まずは元気に〟体調に合わせて薬剤を組み合わせていく 肺がんのタイプとライフスタイルにあった治療選択を

2013年5月

「ライフスタイルにあった治療法を選択していくことが大切です」と話す坪井正博さん 肺がんにはさまざまなタイプがあり、再発や転移の治療もそれに応じて異なる。患者さんの状態によっても選択肢は変わる。近年はそんな状況に応じて適応する治療法も増えているが、患者さん自身がQOL(生活の質)向上とライフスタイルの確立を目指すことが第一だ。肺がん再発・転移の特徴は?肺がんは難治のがんといわれ、治療効果を測る5年生...

詳細はこちら

肺がん丸わかり図解

2012年11月

高齢者に多くみられる肺がん。他のがん種に比べて圧倒的に5年生存率が低いという特徴があります。このように肺がんは難治がんですが、分子標的薬などの登場により個別化治療が進歩し、治療の選択肢も増えてきています。あきらめずに治療を受けることが大切です。Q 肺とはどのような臓器なのか?図1肺とは空気中から得た酸素を血液中に取り込み、血液中の二酸化炭素を空気中に排出する役割を持つ臓器である。右肺と左肺にわかれ...

詳細はこちら

なぜ増えたのか? なぜ治りにくいのか? 肺がんのことがよくわかる 治療のさい、ぜひ知っておきたい肺がんの基礎知識

2011年11月

進行度によって治療法は異なるがんは大きくなって隣接する組織に食い込んでいき、さらには別の場所に転移するという具合に進行していく。肺がんの進行度は、がんの大きさや位置、転移の有無や場所などによって、基本的に0~4期の病期(ステージ)に分類される。4期が最も進行度が高い。 肺がんの治療法は進行度によって異なる。基本的には、病期が治療法を決める最も重要なポイントだ。たとえば、初期のうちは手術でがんを切除...

詳細はこちら

本人はもちろん、家族や周囲のサポートが重要 高齢者の肺がん治療 個々の肉体年齢に応じた治療を

2011年11月

高齢者の化学療法では家族など 周囲の人々のサポートが 重要になってくると話す 高橋利明さん 超高齢化が進む中、肺がんに罹患している高齢者の割合は必然的増えている。しかし、いわゆる高齢者といわれる年齢であっても、 身体的にとても元気な方が多いのも事実だ。では、高齢者の肺がんは一体どういう治療が行われるべきなのだろうか──。 肉体年齢で考慮する高齢者の肺がん治療 [年齢別...

詳細はこちら

痰を伴わない咳や息切れ、発熱などが出たら、すぐに医師に相談しよう 時には命にかかわる「間質性肺炎」。早期の自覚症状を知っておこう

2011年11月

帝京大学医学部付属病院 呼吸器・アレルギー内科の 大田健さん 間質性肺炎は、1度症状が出ると治療計画に変更が求められるだけでなく、万一、急に重い症状を発症すると、命への危険が及びかねない病気です。あらゆる抗がん剤で起こりうる副作用でありながら、その発症メカニズムは、現在のところ明らかにはされていません。重症化や慢性化を防ぐために、患者さんに期待されているのは、自覚症状による早期発見です。 まずは...

詳細はこちら

普通の治療とどう違うの? なぜ必要なの? の基礎から知っておこう 肺がんの個別化治療って、何?

2010年12月

国立がん研究センター 中央病院呼吸器腫瘍科 呼吸器内科外来医長の 久保田馨さん 今、めまぐるしい進歩を遂げている肺がんの治療。 それにはどうやら、肺がんにいろいろなタイプがあるとわかってきたことが、大きなカギとなっているようだ。 そこでよく耳にする言葉、「個別化治療」。それは一体どんな治療なのか。 なぜ個別化治療なのか? がん治療では、がんの進行度によって治療法が変わってきますが、肺がんの場合は...

詳細はこちら

肺がんとともに長く生きる8人の患者さんからのメッセージと生き方 肺がんの長期生存の秘密

2010年6月

肺がんに罹っても5年、10年と長く元気に過ごしている人たちがいる。 その人たちはなぜ、こうして健やかな毎日を送ることができているのだろうか。その秘訣を探った。 初発から8年 人生をリセットして全力で治療に取り組んだ 村田益子さん(61歳) 村田益子さん 01年10月に肺がんが発覚し、手術。手術後、リンパ節に転移していることがわかる。 その後、02年6月に、反対側の左肺に再発。抗がん剤治療を...

詳細はこちら

3人の肺がん専門医から学ぶ、患者の心得 肺がんを乗り越え、長期生存を実現するためのヒント8

2010年6月

国立がん研究センター 東病院呼吸器外科医長の 吉田純司さん 神奈川県立がんセンター 呼吸器外科医長の 坪井正博さん 近畿大学医学部内科学教室 腫瘍内科部門准教授の 倉田宝保さん 肺がんになっても、長生きしている人はいる。なぜ長生きできているのだろうか。実際に診療現場で多くの肺がん患者たちと向き合い、治療にあたっている肺がん専門医3人から、長期生存へのヒントを探る。 向上する治療後...

詳細はこちら

手術の世界標準は「肺葉切除」。それよりも小さな切除でも安心か、現在臨床試験中 どこまで進んでいるか、肺がんの縮小手術

2010年6月

順天堂大学医学部付属 順天堂医院呼吸器外科教授の 鈴木健司さん 現在、肺がんの手術は「肺葉切除」が国際的な標準治療となっている。 最近は、さらに切除範囲を小さくした縮小手術の技術が進歩し、患者さんの手術負担が軽減されている。 この縮小手術は、どんなメリットがあるのだろうか。 入院期間が短縮し早期の社会復帰も可能に 肺がんの治癒を目指す中心的な治療法は、手術です。治癒を目指す手術が可能なのは、肺...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!