各種がん

膵臓がん

膵がん術前補助療法 進行がんの予後を大きく向上させる期待の効果が明らかに がん細胞の完全切除を目指す膵がんの術前化学放射線療法

2013年10月

「膵がん手術は難易度が高いので、症例数の多い病院を選ぶことも大切です」と話す高橋秀典さん 膵がんの手術は体への負担が大きく、術後の再発や転移も多い。そこで、がんそのものだけでなく再発しやすいとされる周辺部位にも放射線を照射し、同時に抗がん薬治療も行う「術前化学放射線療法(術前CRT)」が注目されている。この治療を2002年から行い、300例の実績をもつ大阪府立成人病センター消化器外科の高橋秀典さん...

詳細はこちら

膵がん腹膜播種治療 腹腔内に抗がん薬を直接注入。第3相試験へ発展も 諦めない! 膵がん腹膜播種治療に新たな光

2013年10月

「膵がん治療の武器は増えています。諦めないでください」と伊佐山浩通さん これまで、治療のオプションが少ないとされてきた膵がん。とりわけ、腹膜播種を起こしたとき、治療法は更に厳しくなる。東京大学附属病院では、胃がんの腹膜播種に対し、腹腔内に抗がん薬を直接投与することで治療効果を高めている。これを、膵がんの腹膜転移にも応用する試みがなされている。すぐに打つ手がなくなる膵がんの化学療法膵がんで手術ができ...

詳細はこちら

肝・胆・膵がんの食事 退院後も栄養指導を利用し、食事で上手に体のサポートを

2013年10月

わからないことがあったら主治医を通じて栄養士に相談してください」と話す高嶋浩子さん 肝・胆(道)・膵がんの治療後の食事では、消化管への侵襲や残存機能の程度、合併症によって食事の内容は異なる。膵がんの治療後は進んで栄養士に相談するようにしよう。肝がんと食事■図1 肝臓・胆道・膵臓の働きとは?肝臓の仕組みと働き肝臓には小腸で吸収された栄養を含む静脈血が門脈を通って大量に流れ込んでいる。また肝臓は人体の...

詳細はこちら

進行・再発膵がん:切除不能進行膵がん治療に光明!? 新たな併用療法が登場。進行・再発膵がんの治療効果に期待

2013年5月

「専門施設での受診が大切」という上野誠さん 膵がんは早期発見が難しいうえ、再発・転移もしやすく、手術をしてもほとんどの人が再発する。しかし、最近では、これまでの治療成績を凌駕する新しい治療法が相次いで登場するようになり、期待が膨らんでいる。術後3年以内に約7割が再発膵がんを根治できる治療法は手術だが、実際には手術可能なのは全体の2~3割にすぎない。さらに、膵臓は周囲に血管やリンパ管が張りめぐらされ...

詳細はこちら

膵がん術後補助療法:ASCO-GI(米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム)で画期的発表 膵がん術後の補助化学療法試験でTS-1が標準治療薬よりも優越

2013年5月

膵がん治療を研究する県立静岡がんセンター副院長の上坂克彦さん 膵がんは、数多いがん種のなかでも最も予後が悪いもののひとつとされている。そのような状況の中、2013年1月のASCO-GIで日本人医師が画期的な発表をして注目された。手術後の補助化学療法で、TS-1を従来の標準治療薬と比較した臨床試験の結果だ。膵がんの年間罹患数、死亡者数はともに30,000人近く、死亡者数は肺、胃、大腸、肝に次いで5位...

詳細はこちら

手術までの道のりをサポートする膵がんの最新化学療法 抗がん剤の併用療法で手術も可能に!進行膵がんの新手のGS療法

2012年10月

「進行していても、手術までもっていける可能性もある」と話す 吉富秀幸さん症状がなく、検査でも見つけにくいため、発見されたときは進行し、手術ができなくなっていることが多い膵がん。しかし、手術ができなくても、薬剤を組み合わせるなど、その治療法は確実に進歩しています。予後の悪いがんの代表[図1 膵臓とは?]膵臓という臓器自体がおなかの中の1番背中側にあり、数多くの動脈が通っている初期症状がなく、検査で発...

詳細はこちら

がんが縮小し、手術不能のがんでも手術が可能になることも! ポイントは副作用を極力抑える。膵がんの「術前化学放射線療法」

2012年10月

「再発・転移が多い膵がんのために術前化学放射線療法をはじめました」と話す谷眞至さん診断時にステージが進んでいることが多い膵がんは、再発率が高く遠隔転移も多い。この難題をなんとか解決するべく、術前化学放射線療法という治療が始められた。この治療によってがんが縮小し、切除不能だった患者さんが手術可能となるケースも出てきているという。治療が難しい膵がん[図1 膵がん治療の手順] [図2 膵がんの...

詳細はこちら

まずは実績のある医療機関へ。臨床試験への参加も1つの手 過酷な難治性がんとどう闘うか~難治性がん最新レポート

2012年10月

医療が進歩してきたとはいえ、膵がんに代表されるように治療するのが難しいがんがある。それが難治性がんと呼ばれるものだ。難治性がんの今は、そして今後は──。難治性がんを患ったら、患者はどうしていけばいいのだろうか。TS-1後の治療がない「がんが見つかって2年半。手術の後は抗がん剤とサプリメントで命をつないできたけれど、もう後がありません。治療をしようにも保険で使える薬がない。エ...

詳細はこちら

化学療法と栄養療法併用で予後改善にも期待 栄養改善で元気回復!膵がん化学療法継続の秘訣

2012年6月

「化学療法継続とQOL維持に栄養療法が大切です」と話す、 庄雅之さん がんを治療するための化学療法にもかかわらず、それによって全身状態を悪化させる場合が少なくない。 とくに、栄養低下が深刻な膵がんの患者さんでは化学療法の継続・完遂が難しい。 そんななか、化学療法と並行して行う栄養療法の成果が期待される。 膵がん患者さんは栄養低下が深刻 [図1 膵がんの化学療法に、なぜ栄養サポートが必要なの...

詳細はこちら

ただし、効果は限定される。そして治療は新しい個別化治療へ 転移性膵がんにも希望の光か、膵肝同時動注療法という新手の登場

2012年1月

動注化学療法を推進してきた 平山敦さん 難治がん中の難治がんといわれる膵がんにも、希望の光が見えてきました。まだ標準治療ではありませんが、膵肝同時動注療法と呼ばれる治療法が高い効果を見せているようです。しかし、研究が進むにつれ、意外な展開になっています。 膵がんは、早期発見が難しく、手術できない例が多く、しかも進行が早く、予後がきわめて悪いことで知られています。たとえ手術できても、7割が再...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!