がん相談

膵臓がん

ステージ4の膵がん。治すことは可能か?

2012年2月

先日、おなかの痛みを感じて検査を受けたところ、ステージ4の膵がんと診断されました。治療法としては、ジェムザール*という抗がん剤を使った、薬物療法がいいのではないかといわれております。治すことができる治療法は、もうないのでしょうか。(千葉県 女性 52歳)A 完全に治すことは難しいが、症状緩和と延命は可能膵がんに対して有効性が示されている治療には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。それらの中...

詳細はこちら

膵管内乳頭腫瘍が増大。重粒子線治療ができるか

2012年1月

5年前に膵管内乳頭腫瘍と診断されました。大きさは2センチでした。それから経過観察してきましたが、今年になって少しずつ大きくなり、半年間で2.8センチに増大しました。分化型の腫瘍と言われていて、場所は主膵管が分岐するところにあります。主治医の先生からは手術を勧められていますが、年齢が80歳と高齢なので、できることなら手術は避けたいと思っています。重粒子線治療を受けることはできるのでしょうか。(岐阜県...

詳細はこちら

術後、膵内分泌がんとの診断。今後の方針は?

2011年5月

夫が手術(膵頭十二指腸切除術)を受け、病理検査の結果、膵臓の内分泌がんと診断されました。このがんについて、いろいろ調べてみましたが、なかなか情報がなく、不安が募ります。どのような病気なのか、また治療方法や手術後のケアなども含めた、闘病生活について、詳しく教えてください。(石川県 女性 62歳)A 再発は病理所見により異なる。慎重に経過観察を膵臓にできる悪性腫瘍の90パーセント以上は「浸潤性膵管がん...

詳細はこちら

77歳の父が膵がん。手術を選択すべきか

2011年5月

父(77歳)のことでご相談です。先日、ステージ2の膵がんと診断されました。主治医からの説明では、手術を行い、がんの部分を切除することが標準治療とのこと。ただし、父の場合、10年前に心臓病を患い、体力的な問題もあり、手術を行うにはリスクを伴うといわれました。手術を行わない場合、抗がん剤などの治療でどのくらい治るものなのでしょうか。ある程度のリスクを覚悟で、標準治療である手術を選択すべきなのでしょうか...

詳細はこちら

手術後、抗がん剤治療を受けていたが再発。治療法は?

2011年2月

2009年の12月、父(67歳)がステージ2の膵がんと診断されました。手術後、ジェムザール(一般名ゲムシタビン)による治療を行っていたのですが、腫瘍マーカーが上がり始め、先日、肺に転移していることがわかりました。主治医からはTS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)による治療を行うといわれています。いろいろインターネットなどで調べていたところ、WT1ペプチドワクチンというものを使...

詳細はこちら

糖尿病のコントロールが悪化。膵がんの可能性は?

2011年2月

2年前に糖尿病が見つかり、現在薬を飲みながら治療を行っていますが、最近、血糖値のコントロールが悪化しています。そうした中、先日テレビを見ていて、糖尿病を患っている人の中には、実はもう膵がんにかかっている人がいるということを初めて知り、もしかして自分もそうなのでは……と、かなり不安に思っております。1度、きちんと検査をしたほうがいいでしょうか。また今は地元のかかりつけの先生に診てもらっているのですが...

詳細はこちら

手術後の補助療法中に腫瘍マーカーが上昇。今後の治療は?

2010年5月

2009年の12月に膵がんの手術を受けて以降、ジェムザール(一般名 ゲムシタビン塩酸塩)による補助化学療法を4カ月間受けていますが、腫瘍マーカーが上がってきています。主治医は「このままジェムザールでの治療を続ける」と言いますが、マーカーが上がってきている状態で、このまま続けていいものか悩んでいます。ほかに何かよい治療法はありませんか。(広島県 女性 65歳)A まずは、再発の有無をきちんと確認する...

詳細はこちら

臨床試験は延命が期待できるか

2010年5月

父(54歳)のことで相談です。3年前に膵尾部にがんが見つかり、切除しました。腺がんであったことから、補助化学療法としてジェムザールを6カ月受けました。去年の9月に、大きさ2.2センチの肝転移が発見されたため、ステージ(病期)4Bとなり、ジェムザールでの治療を再開しました。しかし、今年の2月上旬に受けたCT検査で、肝臓にもう1つ腫瘍が見つかりました。主治医からジェムザールが効かなくなったことを告げら...

詳細はこちら

手術後、4年半。化学療法を継続すべきか

2010年4月

57歳のときに膵臓がんの手術(膵頭十二指腸切除術)を受け、その後、4年半にわたり、ジェムザール(一般名塩酸ゲムシタビン)とTS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)を併用した化学療法を受け続けています。今年の6月で手術後、満5年になるのを機に、化学療法をやめる選択肢もあると医師に言われました。白血球減少などの副作用の問題もあるためです。しかし、化学療法をやめることによる再発の心配...

詳細はこちら

膵管内乳頭粘液性腫瘍の治療法は?

2010年4月

検診で超音波検査を受けたところ、膵管内乳頭粘液性腫瘍と診断されました。腫瘍が膵体尾部に何個かあると言われており、医師からは手術を勧められています。インターネットで調べてみると、膵管内乳頭粘液性腫瘍には良性と悪性(膵臓がん)があるようですが、良性でも手術が必要なのでしょうか。また、手術以外でよい治療法はないのでしょうか。(長野県 女性 53歳)A タイプによって異なる最近、超音波やCT(コンピュータ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!