がんサポート12月 【最新治療】前立腺がん新たな薬物療法・肝細胞がん陽子線治療 掲載記事更新のお知らせ

【最新治療】前立腺がん新たな薬物療法・肝細胞がん陽子線治療 ※ログインしてご覧ください

 ADT+タキソテール+ザイティガ併用療法が有効! ホルモン感受性前立腺がんの生存期間を延ばした新しい薬物療法

 高齢の肝細胞がん患者さんに朗報! 陽子線治療の有効性が示された

 栄養療法+消化酵素補充療法で予後が改善! 膵がんは周術期の栄養が大事

●がんと生きる ※ログインしてご覧ください

 合唱があるからがんと共存できる 膀胱がんと診断され5回の手術

●闘病記大賞 ※ログインしてご覧ください

 妻と共にがんと闘った追憶の日々 君を夏の日にたとえようか 第24回

●中医師・今中健二のがんを生きる知恵 ※ログインしてご覧ください

 第12回 「肺がん」になりにくい体質を手に入れる

●マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ!

 第43回 マスクはうっとうしい派、それとも安心感を感じる派? <木のポーズ>

●がん相談 泌尿器がん

 キイトルーダの投与が中止になったが

 膀胱腫瘍切除を4回受けているが

 PSMA標的治療について教えてください

●連載

 精神腫瘍医・清水 研のレジリエンス処方箋 実例紹介シリーズ第7回 手術後遺症の勃起障害を妻に伝えることができません……

 腫瘍内科医のひとりごと 132 2021年どんな年だったか

 ドイツがん患者REPORT 86 「続々・コロナがうちにやってきた」家内がブレークスルー感染して2

 

●12月 編集後記

■2021年、1カ月残すのみだが今年もコロナで開け暮れた1年……。ここに来て、日本では感染者が急減しているが、なぜ減ったのかは、はっきりとはわからないらしい。急減して明るい気分になったのも束の間、また新たな変異ウイルスのオミクロン株が出現したというニュース。来年はいったいどんな年になるのだろう。(松尾)

■シェークスピア『リア王』の中にこんな言葉がある。「どん底まで落ちてしまえば……在るのは希望だけ」。新型コロナの感染者数が激減し非常事態宣言も開け希望に満ちて人々が行動を始めた矢先、「オミクロン株」なる感染力が強いといわれる新型コロナウイルスの変異株が登場、外国人の入国停止などの措置を取る日本を始め世界は新たなパニックに陥っている。どん底だと思ったところがどん底ではなかったということなのか。(髙橋)

 

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!