トピックス

[2018.04.12] がん関連遺伝子を網羅的に調べる遺伝子検査を先進医療で実施 ~国立がん研究センター中央病院~

検査システムの保険適用を目指す 国立がん研究センター中央病院は、4月3日、がん患者のがんに関する遺伝子を1回の検査で網羅的に解析し、抗がん薬の選択に役立てる遺伝子検査を4月9日より先進医療Bで実施すると発表した。この遺伝子検査では、同研究センターが日本人の特徴を踏まえて開発した試薬「NCCオンコパネル」を用いて、がんに関連する114個の遺伝子変異と12個の融合遺伝子変異を1回の検査で調べることがで...

詳細はこちら

[2017.03.01] がん研究会が「がんプレシジョン医療」の実現に向けた共同研究を開始

 取材・文●「がんサポート」編集部公益財団法人がん研究会およびがん研究所は、このほど最先端のゲノム解析技術と人口知能を用いて「がんプレシジョン医療」を実現するシステム開発に向けた研究を、人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を活用した医療データ解析ソリューションを提供する株式会社FRONTEOヘルスケアと共同で開始と発表した。この研究を通じて、がん患者一人ひとりの遺伝子変異などに合わ...

詳細はこちら

[2017.02.01] 「免疫の力でがんを治す患者の会」が設立される

 取材・文●「がんサポート」編集部「免疫の力でがんを治す患者の会」設立集会(東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂)免疫細胞療法が国からの臨床研究費などを得て研究が進み、公的保険やがん保険をはじめとする民間保険の対象になり、患者が多大な経済的負担を強いられずに “いつでも、どこでも、誰でも” が受けられる治療法としての普及を目指すことを目的とした「免疫の力でがんを治す患者の会」(...

詳細はこちら

[2017.02.01] 明細胞肉腫と胞巣状軟部肉腫に対する医師主導試験が開始される ~国立がん研究センター中央病院ほか~

 取材・文●「がんサポート」編集部国立がん研究センター病院は、先ごろ、代表的な*希少がんである肉腫の中でも、さらに発症頻度の少ない明細胞肉腫と胞巣状軟部肉腫を対象に、免疫チェックポイント阻害薬ニホルマブを用いた医師主導治験を開始すると発表した。今回の医師主導治験を、希少がんの中でも超希少ながん腫において成功させることにより、臨床試験計画や新薬開発手法のモデルの1つになることが期待されてい...

詳細はこちら

[2016.05.31] FDAがポジトロン放出断層撮影(PET)検査による前立腺がんの再発検出にAxuminを承認/FDAニュース

FDAがポジトロン放出断層撮影(PET)検査による前立腺がんの再発検出にAxuminを承認/FDAニュースFor Immediate Release:2016年5月27日米国食品医薬品局(FDA)は本日、Axumin 注射薬を放射性医薬品として承認した。Axuminは、前治療後に前立腺特異抗原(PSA)値の上昇による前立腺がんの再発が疑われる男性患者のポジトロン放出断層撮影(PET)画像の診断薬と...

詳細はこちら

[2016.05.29] FDAが局所進行または転移性尿路上皮がんの治療にatezolizumabを承認/FDAニュース

FDAが局所進行または転移性尿路上皮がんの治療にatezolizumabを承認/FDAニュース2016年5月18日米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ製剤を含む化学療法中または療法後に病状が進行した、あるいは、プラチナ製剤を含む術前または術後の化学療法後12カ月以内に病状が進行した、局所進行または転移性尿路上皮がん患者を適応として、atezolizumab注射剤(商品名:Tecentriq,Ge...

詳細はこちら

[2016.05.27] FDAが、自家造血幹細胞移植および移植後ブレンツキシマブ ベドチン治療無効の古典的ホジキンリンパ腫治療薬にニボルマブを迅速承認/FDAニュース

FDAが、自家造血幹細胞移植および移植後ブレンツキシマブ ベドチン治療無効の古典的ホジキンリンパ腫治療薬にニボルマブを迅速承認/FDAニュース2016年5月17日米国食品医薬品局(FDA)は、自家造血幹細胞移植および移植後のブレンツキシマブ ベドチン(商品名:アドセトリス)投与後に、再発あるいは進行した古典的ホジキンリンパ腫患者の治療にニボルマブ(商品名:オプジーボ、ブリストル・マイヤーズスクイブ...

詳細はこちら

[2016.05.23] FDAが、血管新生阻害剤での治療歴を有する進行性腎細胞がんにレンバチニブ+エベロリムス併用療法を承認/FDAニュース

FDAが、血管新生阻害剤での治療歴を有する進行性腎細胞がんにレンバチニブ+エベロリムス併用療法を承認/FDAニュースFor Immediate Release:2016年5月13日米国食品医薬品局(FDA)は、抗血管新生療法による前治療歴を有する進行性腎細胞がん患者の治療薬として、エベロリムスと併用投与するlenvatinib[レンバチニブ]カプセル剤(商品名:レンビマ、エーザイ社)を承認した。レ...

詳細はこちら

[2016.04.29] FDAが抗血管新生療法を受けたことのある進行腎細胞がん患者の治療薬としてカボザンチニブを承認/FDAニュース

FDAが抗血管新生療法を受けたことのある進行腎細胞がん患者の治療薬としてカボザンチニブを承認/FDAニュースFor Immediate Release:2016年4月25日米国食品医薬品局(FDA)は、抗血管新生療法を受けたことのある進行腎細胞がん患者の治療薬としてcabozantinib[カボザンチニブ](商品名:Cabometyx、Exelixis社)を承認した。本承認の根拠となったランダム化...

詳細はこちら

[2016.04.21] FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病患者の治療にvenetoclaxを承認/FDAニュース

FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病患者の治療にvenetoclaxを承認/FDAニュースFor Immediate Release:2016年4月11日米国食品医薬品局(FDA)は本日、17p欠失といわれる染色体異常を有し、1回以上の治療歴がある慢性リンパ性白血病(CLL)患者の治療にvenetoclax(商品名:Venclexta)を承認した。Venetoclaxは、がん細胞の成長を促し、多...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!