薬の副作用か別の要因なのか

回答者●久保田 馨
日本医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学分野教授
発行:2019年9月
更新:2019年9月

  

2017年9月に県立がんセンターにて初診。肺腺がんステージ(病期)ⅢAと診断される。抗がん薬と放射線治療で50日間入院。その後、経過観察で通院し、本年(2019年)5月にCT検査によりリンパ節部位に再発したため、6月よりキイトルーダ(一般名ペムブロリズマブ)で治療中です。

そこでご相談ですが、タイミング的に6月より右肩に痛みが発生し、痛み止めを服用していますが、改善せず、右肩の痛みのみならず右腕、肩、首の痛みが強くなり、24時間つらい状態です。

この状態は薬の副作用なのか、別の要因なら、整形外科病院で診察を受けるべきか悩んでいます。整形外科病院の治療で留意する点があれば教えていただけないでしょうか。

(64歳 女性 群馬県)

まず、担当医に痛みの原因を訊ねてみることを勧めます

日本医科大学大学院医学研究科
呼吸器内科学分野教授の久保田さん

24時間痛みがあるとはつらい状況ですね。適切な鎮痛薬で痛みをなくすことがまず大切です。同時に痛みの原因を調べてみましょう。痛みのある部位のMRI検査を行うと、かなり原因が明らかになると思います。

もし、その部位にがんが転移している場合は、放射線治療を考えることになります。転移がなかった場合は、整形外科とも相談して痛みの原因を検討します。キイトルーダの副作用として、神経障害などの報告もあります。

まずは担当医に痛みについて相談して「この痛みの原因は何でしょうか」と訊ねてみることをお勧めします。整形外科を受診される場合は、必ず担当医に紹介状を書いてもらってください。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!