がん相談

乳がん

2.5センチの乳がん。抗がん剤治療はしなくていいか

2011年7月

今年3月に左乳房にがんが見つかりました。がんの大きさは2.5センチ。乳房全摘術を受けました。術後の治療についてご相談です。検査をした結果、ホルモン感受性は陽性で、HER2検査は陰性でした。主治医からは、今後ホルモン療法による治療を行うと言われています。ただ、自分自身、ホルモン療法よりも強い、抗がん剤治療を行いたいと考えています。抗がん剤治療は行う必要はないのでしょうか。ちなみに、リンパ節転移なし、...

詳細はこちら

炎症性乳がんと診断。治療法は?

2011年7月

炎症性の乳がんと診断されました。主治医からは炎症性乳がんは性質が悪く、進行乳がんであること。今後の治療法としては、がんの組織を採取して、ホルモン受容体やHER2タンパクの有無などを調べた上で、抗がん剤治療を行うといわれました。主治医の言う通り、「炎症性乳がん=進行乳がん」ということなのでしょうか。また、最初に抗がん剤治療を行うのが、炎症性乳がんの標準治療になるのでしょうか。(佐賀県 女性 56歳)...

詳細はこちら

右乳房わき下にしこり。再発・転移か?

2011年4月

昨年4月に右乳がんの乳房温存手術を受けました。病期2Aで、がんの大きさは12ミリ、リンパ節転移が2個ありました。抗がん剤治療は行わず、放射線治療を受け、現在はホルモン剤のフェマーラ*を服用しています。そうした中、昨年末に手術した右乳房のわきにしこりを見つけました。大きさは小さいのですが、固くて、触るとはっきりとしこりとわかります。質問は次の5点です。①再発・転移でしょうか(リンパ節に転移しているの...

詳細はこちら

3センチの乳がん。ラジオ波焼灼療法は勧められるか

2011年4月

先日、乳がんと診断されました。がんの大きさは3センチ、リンパ節転移はなく、主治医からは乳房温存手術を行い、その後、放射線治療を行うことを勧められています。ただ、最近インターネットなどで、全く乳房を傷つけず、ラジオ波でがんを焼ききるという、「ラジオ波焼灼療法」という方法があることを知りました。できれば手術を避けたいのですが、これはどういった治療法なのでしょうか。私にも勧められますか?(千葉県 女性 ...

詳細はこちら

虫歯で、骨転移へのゾメタが中止に。痛みをとる方法は?

2011年4月

2001年に左乳房にがんが見つかり、乳房温存手術を受けました。しかしその1年半後に腰椎への転移が見つかり、抗がん剤とハーセプチン*による治療を受けながら、放射線治療も合わせて受けました。ただ、そうした治療のかいもなく、それから股関節、仙骨と転移を起こしており、いくつかの抗がん剤を使いながら、現在も治療を続けています。またそれと並行して、骨転移による痛みを抑えるために、ゾメタ*を服用していたのですが...

詳細はこちら

妊娠中の乳がん。化学療法を受けてよいか

2011年3月

妊娠4カ月の主婦です。右乳房にビー玉大の硬いしこりがあり、病院でくわしい検査を受けたところ、乳がんと診断されました。夫とも相談して出産の希望を主治医の先生に伝えたところ、まず化学療法であるAC療法*かFAC療法*を行い、出産後に手術を行うといった方法もあるといわれました。しかし、妊娠中に化学療法を受けると、赤ちゃんへの悪影響がありそうで心配です。受けても大丈夫でしょうか。化学療法以外にもよい治療法...

詳細はこちら

男性の乳がん。どんな治療法がいいか

2011年3月

72歳の父のことでご相談です。父は、半年ほど前から乳首の下あたりの硬いしこりに気づき、しばらく様子を見ていましたが、2センチほどの大きさになり、わきの下も腫れてきたので私たちにも打ち明けました。病院でくわしい検査を受けた結果、乳がんと診断され、父も私たちも驚くとともに、症例が少ないということで不安を抱いています。どのような治療法がいいでしょうか。(愛知県 女性 42歳)A 女性の乳がんに準じた治療...

詳細はこちら

グレード3の乳がん。術後療法の選び方は?

2011年3月

浸潤性乳管がんで乳房温存手術を受けました。がんの大きさは1.5センチ、範囲は5センチでした。病理検査ではグレード(悪性度)3、リンパ節転移なし、ホルモン感受性陽性、HER2陰性*と判定され、化学療法+ホルモン療法か、ホルモン療法を受けたほうがいいといわれました。放射線療法も勧められています。私は仕事を持っており、副作用のことなども考えると、術後の治療に踏み切れずにいます。術後療法の選び方についてア...

詳細はこちら

ホルモン受容体陽性、HER2陰性に適切な治療法は?

2011年2月

ステージ(病期)2Aの浸潤性乳管がん(硬がん)で温存手術を受けました。腫瘍径2センチ、ホルモン感受性*陽性・HER2*陰性のルミナルA型、中間リスク、グレード(悪性度)3、リンパ節転移なし、脈管浸潤あり(リンパ管に中程度)です。生理はありません。手術の結果、取り残しはありませんでしたが、放射線療法は受けました。(1)抗がん剤治療を行わない場合、再発転移のパーセントをアジュバント・オンライン(アメリ...

詳細はこちら

ホルモン剤と肝機能数値の上昇には関係があるのか?

2011年2月

今春、浸潤性乳管がんと診断され、右乳房の温存手術を受けました。抗がん剤治療はせずに放射線治療を受け、ホルモン剤のフェマーラ(一般名レトロゾール)を服用中です。手術を受けた側の右腕の肘や手首が腫れてピリピリと、また右脇もズキンズキンと痛むので、末梢性神経障害の治療薬メチコバール(一般名メコバラミン)を服用しています。最近、体重が5~6キロ増えてしまいました。(1)5年前、右腕に帯状疱疹ができました。...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!