がん相談

乳がん

生理が止まった。タモキシフェンを続けてよいか

2010年6月

2004年に乳がんの手術を受けました。硬がんと粘液がんの2つの腫瘍がくっついた形で、大きさは合わせて1.6センチでした。リンパ節転移はなく、グレード(悪性度)は2つとも1、HER2は2つとも陰性、ホルモン感受性は1つは高レベル、もう1つは中レベルでした。手術後、放射線治療を受けました。さらにその後、ホルモン治療として、リュープリン(一般名リュープロレリン酢酸塩)の皮下注射を2年間受け、手術後4年目...

詳細はこちら

12年前に乳房を全摘。今から再建できるか

2010年6月

12年前の1998年4月、34歳のときに、右の乳房全摘手術を受けました。その後、がんの再発はなく、楽しく、充実した毎日を送っていますが、やはり乳房がないことが気になっています。可能なら、これからでも、乳房の再建をしたいと思います。できるでしょうか。できるとしたら、どのような再建法があるでしょうか。また、再建することで、がんが再発するなどの悪影響が起こることはないでしょうか。(福岡県 女性 46歳)...

詳細はこちら

骨転移の治療法は?抗がん剤治療の効果は?

2010年6月

去年の1月に乳がんの肺・骨転移が見つかりました。骨転移は2カ所で、ゾメタ(一般名ゾレドロン酸)の治療を受け始めましたが、歯の治療を受けたところ、目の周りがしびれるようになり、ゾメタは中止になりました。ホルモン剤は変更して受けていましたが、咳が止まらない上、腫瘍マーカーが上昇したため、7月から抗がん剤治療になりました。12月までタキソール(一般名パクリタキセル)を6クール受けました。抗がん剤の投与を...

詳細はこちら

AC療法の後、ハーセプチンの予定。効果は?

2010年4月

2009年1月に、左胸の右上部の手術をしました。がんの大きさは2センチ、浸潤性、ステージ(病期)1、悪性度2でした。再手術を提案されましたが、私の希望で、放射線治療を受けました。そのあと、抗がん剤のアドリアシン(一般名ドキソルビシン)とエンドキサン(一般名シクロホスファミド)によるAC療法をすすめられましたが、脱毛がいやで断りました。そこで、私はHER2陽性でしたのでハーセプチン(一般名トラスツズ...

詳細はこちら

ホルモン感受性陽性、HER2陰性。術後の治療法は?

2010年4月

左の乳房を切除する手術を受けました。病理検査では、ホルモン感受性は陽性で、HER2陰性でした。お聞きしたいのは、手術後の治療です。どんな治療を受けたらよいのでしょうか。たくさんあるようなので、迷っています。また、化学療法は併用したほうがよいのでしょうか。手術後の治療法を選ぶときのポイントを、アドバイスしてください。(徳島県 女性 52歳)A 再発リスクがどの程度か、が重要リンパ節転移があったのかど...

詳細はこちら

骨転移に放射線治療を受けたほうがよいか

2010年4月

右乳房の切除手術をしてから3年間、アロマターゼ阻害剤のアリミデックス(一般名アナストロゾール)を服用中です。骨粗鬆症などの骨の障害を減らすために、ビスホスホネート製剤も飲み始めました。乳がんの骨転移に、放射線治療が有効と聞いています。 放射線治療を受けたほうがよいのでしょうか。(大分県 女性 60歳)A 放射線治療は予防のために行うものではない。現時点では不要ビスホスホネート製剤は、アロマターゼ阻...

詳細はこちら

ゾメタやタキソールの副作用か、手足などにしびれ。対処法は?

2010年2月

2004年12月に左乳房温存手術を受けました。手術後には、化学療法、放射線療法、ホルモン療法を受けました。2009年1月、がんの肺転移と骨転移が確認されました。1月から6月まではホルモン剤のアリミデックス(一般名アナストロゾール)を服用し、2月からゾメタ(一般名ゾレドロン酸)の点滴が始まりました。ゾメタの点滴を受けながら、歯の治療も受けていたためか、6月から顔の左半分にしびれや麻痺が起こりました。...

詳細はこちら

トリプルネガティブの乳がん。遺伝子検査は治療に有用か

2010年2月

2008年の2月に乳がんと診断され、EC療法*を3回、タキソール(一般名パクリタキセル)の治療を14回受け、さらに9月には左乳房全摘同時再建術、現在は放射線治療を受けています。「乳管がんで腫瘍径は8センチ、トリプルネガティブ、ステージ2B、リンパ節転移はないが、転移・再発の高リスクで悪性度は高い。手術での取り残しはない。腫瘍マーカーは下がったが、そのうち上がるだろう」と主治医にいわれました。今後の...

詳細はこちら

口内炎がひどく、食べ物が飲み込めない。軽減する方法は?

2010年2月

乳がんの治療で、抗がん剤の注射、エンドキサン(一般名シクロホスファミド)とアドリアシン(一般名塩酸ドキソルビシン)を受けています。口内炎がひどく、のどの入り口にもでき、夜中に唾液が飲み込めず、ひと晩中、苦しんだこともあります。今も、食べ物が思うように飲み込めない状態です。塗布薬のケナログを塗っていますが、よくなりません。ほかにも倦怠感、息切れ、吐き気、脱毛などが起きています。これらの副作用を改善す...

詳細はこちら

ノルバデックスとアロマターゼ阻害剤の再発抑制効果は?

2010年1月

2006年12月に右胸に乳がんが見つかり、手術後、ホルモン療法のノルバデックス(一般名タモキシフェン)を受けています。ノルバデックスは5年間、受けることになっていますが、ノルバデックスよりアロマターゼ阻害剤のほうが再発や転移を抑えられると聞きます。ノルバデックスを続けるより、アロマターゼ阻害剤に替えたほうがよいでしょうか。(青森県 女性 59歳)A ノルバデックスよりもアロマターゼ阻害剤のほうが再...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!