がん相談

乳がん

女性ホルモンに影響を与える化粧品を使ってもよいか

2008年5月

2004年12月に乳がんが発見され、左乳房の全摘手術を受けました。引き続き、ノルバデックスとゾラデックス(一般名 酢酸ゴセレリン)の治療を受けました。子宮筋腫になり、2005年8月に子宮と卵巣の全摘手術を受けました。2006年10月から現在に至るまで、アリミデックス(一般名アナストロゾール)を服用しています。食品や化粧品はできるだけ自然に近いものを使っています。化粧品であれば、ハーブ系のものなどを...

詳細はこちら

タイケルブとアバスチンの臨床データは?

2008年5月

乳がんにおける分子標的治療であるタイケルブ(一般名ラパチニブ)とアバスチン(一般名ベバシズマブ)の臨床データがあれば教えてください。休眠療法をしながらすることはできますか。(埼玉県 女性 53歳)A タイケルブ+ゼローダなどの効果が確認されている2006年12月に発表された国際的な臨床試験の結果、タイケルブとゼローダ(一般名カペシタビン)の2剤併用療法は、ハーセプチン(一般名トラスツズマブ)が効か...

詳細はこちら

乳房全摘後、抗がん剤治療を受けた。放射線治療も必要か

2008年4月

2007年の7月に右乳房の乳がんと診断され、8月から約6カ月間、術前抗がん剤治療を受けました。ホルモン受容体、HER2受容体は共に陰性でした。その後、右乳房の全摘出手術を受け、手術は成功しました。2個のリンパ節転移があると言われました。今後は放射線治療を検討しているといわれましたが、抗がん剤治療と全摘手術を受けたのに、まだ治療が必要なのでしょうか。抗がん剤治療の副作用がかなりきつかったこともあり、...

詳細はこちら

骨転移の治療中にゾメタを中止。今後の治療は?

2008年4月

2004年12月、乳がんが発見されました。すでに脊椎に転移していて、まったく歩けませんでした。しかし、抗がん剤やアレディア(一般名パミドロン酸二ナトリウム)などの治療を受けて、歩けるようになりました。 2006年1月に右乳房リンパ全摘出手術を受けました。それ以降、ゼローダ(一般名カぺシタビン)とアレディア〔途中でゾメタ(一般名ゾレドロン酸)に変更〕の治療を受けていましたが、去年の12月からゾメタは...

詳細はこちら

乳房温存手術か、乳房全摘手術後に再建か

2008年3月

先頃、乳がんと診断され、比較的早期のがんで、乳房を4分の1ほど切除して、ホルモン療法と放射線治療を行えば、治る可能性は高いと言われました。一方、同じく乳がんになった友人は乳房の全摘手術後、再建手術を受けています。彼女の乳房を見せてもらいましたが、外見上は手術を受けたことがまったくわかりません。乳がんを治したいのはもちろんですが、それとともに、乳房の形もできるだけ崩れないことを願っています。治る可能...

詳細はこちら

がんの進行に伴い、HER2は陰性から陽性に変わるか

2008年3月

5年前に乳がんの手術を受けました。その後、多発性骨転移とリンパ節転移になり5年目、肺転移も見つかり2年経っています。手術後の病理検査では、ホルモン感受性はER(2+)、PgR(2+)、HER2(-)でした。現在、タキソールの治療を受けています。乳がんが進行することによって、HER2が陰性から陽性に変わることはあるのでしょうか。もし変わるとしたら、転移後の細胞の組織を採取せずに、血液検査で血清HER...

詳細はこちら

手術後の抗がん剤治療が効かない。今後の治療法は?

2008年3月

乳がんになり、温存手術を受けて、その後、CMF療法を受けました。CMF療法を受けている間にプチプチしたものができ、その後、全摘手術と放射線治療を受けました。乳がんになって、現在3年目を迎えています。抗がん剤治療は当初、タキソールとハーセプチンを受けましたが、効かなくなり、現在はナベルビンとハーセプチンの治療を受けています。もしナベルビンとハーセプチンも効かなくなったら、どのような治療法があるのでし...

詳細はこちら

術前化学療法後の手術は予後によいか

2008年1月

10月に、右乳頭のしこりに気づきました。それから病院でマンモグラフィ検診などを受けたところ、3センチほどの腫瘍が見つかりました。進行度はステージ2と診断されました。手術で切除は可能とのことです。術前に化学療法を行って、腫瘍を縮小してから手術を行う方法もあるようです。術前化学療法を受けたあとで手術を行う方法は、予後によいといえるのでしょうか。どのようなメリットとデメリットがあるのかについて教えてくだ...

詳細はこちら

家族性乳がんについて知りたい

2008年1月

私の母は50歳のとき、乳がんを発症し、手術を受けました。母の母も50歳前後に、乳がんになり、亡くなっています。最近、友人から乳がんには家族性乳がんと呼ばれるタイプがあると聞きました。私も乳がんの発症の危険性が高くなるのではないかと不安です。家族性乳がんの場合、発症の危険性はどの程度高くなるのでしょうか。また、検査方法や、治療法、予防法についても教えてください。(大阪府 女性 29歳)A 家族性乳が...

詳細はこちら

肺転移とリンパ節転移。次の治療法は?

2008年1月

3年前、44歳のときに乳房にしこりを発見し、病院で検査を受けたところ、乳がんとわかりました。大きさは1センチほど、粘液性とのことでした。乳房温存手術を受けて、術後に放射線治療も受けました。ノルバデックスによるホルモン療法も受けました。ところが、術後2年目に、腫瘍マーカーが上昇し、CT画像で肺転移とリンパ節転移が見つかりました。ホルモン療法を再開し、ノルバデックスを3カ月続けたあと、アリミデックスに...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!