がん相談

頭頸部がん

高齢者の下咽頭がん。手術を勧められたが?

2013年2月

87歳になる父についてご相談します。父は喉に痛みがあり、病院で検査をしてもらったところ、リンパ節転移が疑われる下咽頭がんであることがわかりました。医師からは喉頭を温存した下咽頭の部分切除と小腸を使った再建手術を勧められていますが、本当にこれが父にとって良い治療なのでしょうか?(東京都 女性 56歳)A 提案の手術は勧められない下咽頭とは喉の1番下の辺り、喉頭の後面にある上部消化管にあたる場所で、そ...

詳細はこちら

下咽頭がんにアービタックスがいい?

2013年2月

TⅢ期の下咽頭がんで、これから、化学放射線治療を行う予定です。インターネットで調べたところ、頭頸部がんではアービタックス*という薬剤が高い治療効果が期待できると書いてありましたが、これはどういう薬剤なのでしょうか?(石川県 女性 60歳)A 有効な薬剤。間もなく承認予定アービタックスは進行大腸がんの治療薬として現在、承認されている分子標的薬です。この薬剤は上皮成長因子受容体という遺伝子の変異をター...

詳細はこちら

声門がんが再発。治療法は?

2013年2月

3年前に早期の声門がんと診断をされ、放射線治療を行いました。この間の定期検査で、同じ声門にがんが再発していることがわかりました。どのような治療法がいいのでしょうか? できる限り、声を残したいと思っています。(奈良県 男性 58歳)A 手術による部分切除を最初の治療で放射線照射を行ったということは、早期の声門がんであったと考えられます。放射線治療後の再発に対しては手術治療が考慮されます。喉頭がんに対...

詳細はこちら

Ⅱ期の悪性の舌がん。切除せずに治せないか?

2013年1月

Ⅱ期の悪性の舌がんと診断されました。私の場合、がんの大きさを考えると、手術が一番賢明な治療選択であるといわれております。完治できることが一番の願いですが、何とか切らずに治す方法はないのでしょうか?(高知県 女性 60歳)A 小線源治療がある口腔がんで、ステージⅡというと腫瘍の大きさが4cm未満です。ご相談者は切りたくはないということなので、舌がんのⅠ、Ⅱ期といった腫瘍が小さい場合は、小線源組織内照...

詳細はこちら

下顎歯肉がんで手術。顎義歯とは?

2013年1月

腫瘍の大きさが2cmの下顎歯肉がんになりました。手術をして、9カ月経ちます。手術で、下の歯茎などを取ってしまったので、顎義歯を入れる必要があると医師から伝えられました。顎義歯とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?(宮崎県 男性 60歳)A 顎義歯は入れ歯のような装置。インプラント義歯という手も顎義歯とは、歯や顎を部分的に失った方に使用していただく、入れ歯のような装置で、咀嚼障害をはじめ嚥下障...

詳細はこちら

Ⅲ期の上顎歯肉がん。超選択的動注化学放射線療法とは?

2013年1月

歯槽膿漏と思いそのままにしておいたのですが、腫れが長い間治まらなかったので診てもらったところ、Ⅲ期の上顎歯肉がんと診断されました。医師は、腫瘍の大きさは2㎝で、外科手術をすると、手術後「話す」「飲み込む」「噛む」といった機能に後遺症が残るといわれています。そのようなとき、インターネットで超選択的動注化学放射線療法という治療法を知りました。全身のダメージが少ないということなのですが、この治療法は、具...

詳細はこちら

リンパ節転移のある口腔底がん。治療法は?

2012年6月

入れ歯を取り換えているとき口の底に違和感を感じ、病院で診てもらいました。原発巣が3cmの口腔底がんで、首のリンパ節転移も1個あると診断されました。どのような治療がいいのでしょうか。(青森県 男性 68歳)A 手術と、頸部のリンパ節郭清術を行う口腔底がんは、一般的に切除手術が必要です。がんの切除部分の大きさによっては、体の他の部位から再建術(移植)を行います。再建は腕・胸部の皮膚や筋肉の他に、お腹の...

詳細はこちら

歯肉がんで20カ所に転移。治療法はないか?

2012年6月

2009年に、右頬と歯茎の間の右リンパ節上部に3㎜ほどの歯肉がんができ、がんの表面をレーザーで焼き、その後、がんの周りを切除しました。術後の抗がん剤治療、放射線治療はしませんでした。2011年の3月に、右頸部リンパ節の下が急激に腫れ、右側歯肉がんの頸部リンパ節への転移と診断されました。TS-1*を2週間服用し、腫瘍が3cmほどになったところで切除手術をしました。その後、左右頸部付近への放射線治療を...

詳細はこちら

舌がん治療の副作用が心配

2012年6月

よく口内炎になるのですが、なかなか治らず、逆にいつもと違って大きくなってしまったので、病院に行ったところ、ステージ1の舌がんと診断されました。医師からは、外科療法は行わず、放射線治療と化学療法で治すといわれております。切らずに治療ができるので、安心はしているのですが、副作用が心配です。(栃木県 男性 60歳)A 口内炎、骨髄抑制などがあるまず、放射線治療の副作用としては、口腔乾燥、摂食障害、口内炎...

詳細はこちら

上咽頭がんの再発。手術以外の治療法は?

2012年5月

3年前に2期の上咽頭がんと診断され、抗がん剤(5-FU*とシスプラチン*)と放射線による化学放射線治療を受けました。幸いそのときはがんが消えたのですが、最近になって再発してしまいました。放射線治療は1度受けた部位に対して再度照射できないと聞きます。やはり、ガンマナイフや、IMRT(強度変調放射線治療)と呼ばれる新しい放射線治療でも受けることはできないのでしょうか? 手術をすると、どうしてもQOL(...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!