がん相談

頭頸部がん

耳下腺がん。手術以外に治療がないか

2010年5月

28歳の娘のことでご相談します。左の耳の下にこぶのようなものができたため、病院を受診し、検査を受けたところ、唾液腺がんの中の耳下腺がんと診断されました。リンパ節など、その他の場所に転移はなさそうで、手術を勧められています。さらに、がんの広がりによっては、顔面神経を切ることもあること、その場合、神経の移植をすることがあること、手術時に移植ができない場合でも、後日、移植して神経を再建する方法もあること...

詳細はこちら

声門がんが再発。声を残す治療法はないか

2010年5月

2006年2月に声門がんの病期1期と診断され、放射線治療を受け、がんはすっかり治ったと思っていました。ところが、今年の3月に再発が確認されました。主治医からは「喉頭を全摘出する手術が標準的な治療で、この手術を行えば、声が失われる」と言われました。どうしても声を残したいと思います。何かよい方法はないでしょうか。(神奈川県 男性 68歳)A 再発したがんの位置によっては、声を残す手術も確かに原則的には...

詳細はこちら

扁桃がんで受けた放射線治療の副作用は改善するか

2010年2月

左耳に痛みを感じ、耳鼻咽喉科を受診しました。検査を受けたところ、扁桃がんが見つかりました。幸い放射線治療だけで済み、現在、退院して半年が経ちました。しかし、半年経っても、放射線治療の副作用で唾液が出にくい、食べ物が飲み込みにくい、のどが渇きやすい、発音がしにくいなどの症状があります。放射線治療の副作用は、どれくらい続くものでしょうか。また、唾液が出にくいため虫歯になりやすいようなのですが、治療の際...

詳細はこちら

上咽頭がんと診断。IMRTの効果と副作用は?

2010年2月

上咽頭がんと診断されました。頸部のリンパ節にも転移があり、ステージ3と言われています。治療は、放射線と抗がん剤の併用療法になる予定です。治療によって、いろいろな副作用が出ると主治医から聞き、心配です。そんな折、IMRT(強度変調放射線治療)という放射線治療は一般的な放射線治療より副作用が少ないと知人から聞いたのですが、そうなのでしょうか。また、治療効果も変わらないのでしょうか。(神奈川県 男性 6...

詳細はこちら

口腔白板症と診断。舌を切除しなくてはいけないか

2010年2月

歯周病で通院していた歯科で、舌の右の横側に白く変化しているところがあると指摘され、口腔白板症だろうと言われました。その後、総合病院の耳鼻咽喉科を受診し、組織検査で異型の細胞が確認されました。医師には、がん化する前に切除したほうがよいと言われています。病巣の大きさは、3センチ×1.5センチほどです。がんではないのに、一部とはいえ、舌を切除することに抵抗があります。切除する以外、効果のある治療法はない...

詳細はこちら

下咽頭がんの機能温存手術は、どの程度声を残せるか

2009年10月

63歳の夫のことで相談です。首のリンパ節が腫れて、近くの内科クリニックで診ていただきました。紹介された病院の耳鼻咽喉科で、組織を取って調べる検査をした結果、下咽頭にがんが見つかりました。リンパ節転移もあるようです。「早めに手術をしたほうがよい」と言われています。首のリンパ節から喉頭まで切除するとのことです。知人から、「声帯を残す機能温存手術もある」と聞きました。この機能温存手術をすれば、どの程度、...

詳細はこちら

進行喉頭がん。化学放射線療法と手術のどちらがよいか

2009年10月

数年前からしゃがれ声になり、食べ物がひっかかるようになりました。気になり始めて、近くの病院に行きました。いろいろな検査をした結果、喉頭がんと診断されました。リンパ節転移もあり、進行しているとの説明を受けています。治療法は、化学放射線療法と手術のどちらかになるようです。私の場合、どちらの治療法がベターと言えますか。ご意見をお聞かせください。(福島県 男性 59歳)A 原則的には手術。最近は化学放射線...

詳細はこちら

中咽頭がんの肺転移。どのような治療を受けたらよいか

2009年10月

3年前、病院の検査で、のどの一部の中咽頭にがんが見つかりました。手術をすると声を失うとのことで、放射線と抗がん剤を併用する治療を受けました。がんは、いったん消えました。ところが、最近、両肺に腫瘍が見つかりました。中咽頭がんの肺転移のようです。今度は、どのような治療を受けたらよいでしょうか。(鹿児島県 男性 58歳)A 一般的には両肺に転移がある場合、抗がん剤治療が行われる中咽頭がんの両肺への転移と...

詳細はこちら

声を失わない下咽頭がんの治療法は?

2009年3月

2008年5月に頸部に隆起ができたため大学病院で検査を受けました。その結果、下咽頭T2N2bの扁平上皮がんと判明し、手術で除去する必要があると言われました。しかし声帯を維持・保存したいため、抗がん剤と放射線併用による治療法を選択しました。6月下旬に抗がん剤の点滴を5日間受け、7月中旬から8月下旬にかけて週5日間、計33回の放射線治療と週1回、計5回の抗がん剤の点滴を受けました。8月下旬に退院して、...

詳細はこちら

舌がん手術後の経過観察は2~3カ月に1回でもよいか

2009年3月

2008年の9月に、舌がんで舌の一部を切除する手術を受けました。退院後は2週間に1度、外来で検査を受けていますが、病院が遠く、また、持病もあるため、通院が苦痛です。主治医からは舌がんは再発しやすいため、「手術後、1年間は2週間に1度、受診するように」と言われています。2~3カ月に1回ほどの通院ではいけないでしょうか。(新潟県 男性 56歳)A 1年間は、少なくとも1カ月に1回受診するのが望ましい舌...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート1月 掲載記事更新!