がん相談

乳がん

乳房温存手術後の放射線治療は受けるべきか

2007年3月

非浸潤性乳管がんと言われました。腫瘍の大きさは1・5センチと言われました。主治医の説明では、乳房温存手術ができるとのことです。自分なりにいくつかの資料を見たり、友人の意見を聞いたりして、乳房温存手術を受けることにしました。ただ、手術後の放射線治療については、あまり受けたいとは思いません。非浸潤性乳管がんでは、乳房温存手術後の放射線治療は必ず、受けなければいけないのでしょうか。(埼玉県 女性 51歳...

詳細はこちら

2度の手術で乳房全摘。再発予防の方法は?

2007年3月

5年前、右の乳房に非浸潤性乳管がんが見つかりました。腫瘍は1つで、大きさは1センチでした。乳房の4分の1を取り除く局所手術を受けましたが、手術後の病理検査の結果、残りの乳房も切除したほうがよいとのことで、2回目の切除手術を受けました。リンパ節も一部切除しました。結局、全摘手術を受けたことになります。 2回の手術のほかには何も治療は受けていません。再発防止にはどんなことをしたらよいでしょうか。(大阪...

詳細はこちら

温存乳房内に再発。再度の乳房温存治療は可能か

2007年3月

1年半前に乳がんのステージ2と診断されました。乳房温存治療で右の乳房の腫瘍を取り除いて、術後の放射線治療を受けました。さらに、ホルモン療法を始めましたが、うつ症状に苦しんで、途中でやめました。最近、治療を受けた右の乳房にしこりが見つかりました。温存した乳房内に再発したようです。主治医からは全摘手術を勧められています。できれば、再度、乳房温存治療を受けたいと思っていますが、可能なのでしょうか。(香川...

詳細はこちら

再発を早期発見するためには?

2005年12月

昨年12月、左乳房に1センチ大のがんが見つかり、乳房温存手術を受けました。術後、放射線治療とホルモン療法を受けました。その後、2カ月ごとに外来で触診を受けています。再発が心配なのですが、外来では血液検査やCT検査などはしていません。こうした検査で、再発を早期に発見することはできるのでしょうか。再発の早期発見のためにはどんな検査を受けたらよいのでしょうか。(愛媛県 女性 43歳)A 定期検診が基本。...

詳細はこちら

ホルモン療法の適応条件は?

2005年12月

しこりの大きさが3センチの2期の乳がんと診断され、右乳房全摘手術を受けました。リンパ節転移はないとのことです。術後のホルモン療法を受けたいと考えていたのですが、主治医からは「ホルモン感受性が弱い」といわれています。私のような場合、ホルモン療法の適応にはならないのでしょうか。(千葉県 女性 61歳)A ホルモン感受性の判定方法をもう1度確認してみる乳がんのホルモン療法は、患者にホルモン受容体があって...

詳細はこちら

ステロイド剤の長期投与が心配。どう対応したらよいか

2005年12月

現在、タキソール(一般名パクリタキセル)とハーセプチン(一般名トラスツズマブ)の投与を受けています。肺、リンパ節、脳に転移がありますが、痛みなどの自覚症状はありません。ただ、身体がだるくて息切れがひどかったので、主治医に伝えたところ、ステロイド剤のリンデロン錠(一般名ベタメタゾン)を2錠処方されました。この薬の服用で元気になりましたが、あとで調べてみると長期投与は身体によくないようです。どう対応し...

詳細はこちら

放射線治療により皮膚に痛みが。対処法は

2005年8月

右乳房温存手術を受けました。リンパ節転移はありませんでした。現在、放射線による治療を受けていますが、傷口、乳首の周辺が赤黒く変色し、触ってみると硬くてごつごつした感触になっています。乳首が衣服にこすれると、ひりひりしてとても痛みます。この痛みと変色は治療が終わると治るのでしょうか。有効な薬などはありませんか。(神奈川県 女性 35歳)A ローションが有効。炎症は治療後半年ほどで治まる放射線を照射す...

詳細はこちら

温存手術で断端陽性。再手術が必要か

2005年8月

左乳房温存手術を受けました。エストロゲンレセプター(ER)は陰性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陽性、リンパ節転移は3個です。病理検査で断端陽性(手術で切除した部分の切り口にがん細胞が残っている)と言われ、追加切除を受けるように勧められました。しかし、私はこれ以上手術を受けることにためらいを感じます。術後は放射線治療を受けることになっていますが、再手術なしで治療を続けるとどの程度再発を起こす...

詳細はこちら

非浸潤性乳管がん。術後にゾラデックスを投与しているが

2005年8月

非浸潤性乳管がんで全摘手術(2.5センチ大)を受けました。病理検査の結果、ホルモンレセプターのうちのエストロゲンレセプター(ER)は陽性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陰性、HER-2タンパク(がん遺伝子)は陽性で、リンパ節転移はありませんでした。術後化学療法は必要ないとのことでしたが、予防的にホルモン剤のゾラデックス(一般名ゴセレリン)を使用しています。最近、患者仲間から私と同じ状況でノル...

詳細はこちら

妊娠・出産への抗がん剤の影響は?

2005年5月

数年前に左乳房にがんが見つかり、全摘手術を受けました。腋窩(わきの下)リンパ節に転移があり、主治医からホルモン療法、または抗がん剤治療を勧められています。私は31歳で、これから出産も考えているので、抗がん剤治療はためらっています。どうしたらよいでしょうか。(長野県 女性 31歳)A 年齢にもよるが、閉経する確率は50%程度術後の補助療法にはホルモン療法と抗がん剤による化学療法とがあります。術後の乳...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!