がん相談

乳がん

温存手術で断端陽性。再手術が必要か

2005年8月

左乳房温存手術を受けました。エストロゲンレセプター(ER)は陰性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陽性、リンパ節転移は3個です。病理検査で断端陽性(手術で切除した部分の切り口にがん細胞が残っている)と言われ、追加切除を受けるように勧められました。しかし、私はこれ以上手術を受けることにためらいを感じます。術後は放射線治療を受けることになっていますが、再手術なしで治療を続けるとどの程度再発を起こす...

詳細はこちら

非浸潤性乳管がん。術後にゾラデックスを投与しているが

2005年8月

非浸潤性乳管がんで全摘手術(2.5センチ大)を受けました。病理検査の結果、ホルモンレセプターのうちのエストロゲンレセプター(ER)は陽性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陰性、HER-2タンパク(がん遺伝子)は陽性で、リンパ節転移はありませんでした。術後化学療法は必要ないとのことでしたが、予防的にホルモン剤のゾラデックス(一般名ゴセレリン)を使用しています。最近、患者仲間から私と同じ状況でノル...

詳細はこちら

妊娠・出産への抗がん剤の影響は?

2005年5月

数年前に左乳房にがんが見つかり、全摘手術を受けました。腋窩(わきの下)リンパ節に転移があり、主治医からホルモン療法、または抗がん剤治療を勧められています。私は31歳で、これから出産も考えているので、抗がん剤治療はためらっています。どうしたらよいでしょうか。(長野県 女性 31歳)A 年齢にもよるが、閉経する確率は50%程度術後の補助療法にはホルモン療法と抗がん剤による化学療法とがあります。術後の乳...

詳細はこちら

放射線照射による卵巣機能抑制の効果は?

2005年5月

右乳房に4センチ大のがんが見つかり、全摘(リンパ節転移あり)しました。術後に放射線治療とゾラデックス、ノルバデックス(一般名タモキシフェン)の治療を受けていますが、ゾラデックス注射の値段が高く、困っています。このことも含めて、セカンドオピニオンを求めると「あまりお勧めはできないが卵巣に放射線を当てて卵巣機能を断つ方法もある」と教えられました。私は、もう子供を産む気がないので、この治療で同じ効果であ...

詳細はこちら

骨転移で首がもろくなった。手術を受けるべきか?

2004年5月

母(70歳)を自宅で看護しています。乳がんから骨転移があり、首の骨が非常にもろくなっている状態で、ギプスをはめています。主治医から、弱くなっている部分に補強を入れる手術を勧められていますが、入院や手術をこれ以上させるのはしのびない気持ちもあります。母自身は出歩くのが好きなので、また自由に動き回れるようになるなら手術を受けたいと言っています。現在はアレディアとホルモン剤のアロマシンだけを使っていて、...

詳細はこちら

食欲が回復しません。どうにか食べさせる方法は?

2004年5月

祖母(82歳)は乳がんの末期です。肝臓と骨への転移はあるものの、幸い進行が遅いため、つい最近まで自宅で過ごしていました。急に食欲が落ち、やせてきたので、再び入院させたのですが、食欲はまったく回復しません。病院食は味気ないだろうと家族が好物を作って持っていっても、ほとんど箸を付けません。主治医や看護師さんからも「できるだけ口から食べようね」と言われますが、今は点滴に頼っている状態です。少しでもよいか...

詳細はこちら

MSコンチンの吐き気を抑えたい(2)

2004年3月

3年半前に乳がんの全摘手術を受けましたが、2年もしないうちに脊椎、骨盤、頸椎に転移が見つかりました。痛み止めにMSコンチン(一般名 硫酸モルヒネ徐放剤)を使っていますが、痛みは抑えられるかわりに吐いてしまうのがつらいのです。主治医は慣れだとよいますが、少量でも、貼るタイプのものでもだめでした。痛みと吐き気さえ抑えられれば、何とか普通に生活ができるのですが、よい方法はないでしょうか。(静岡県 女性 ...

詳細はこちら

MSコンチンの吐き気を抑えたい(1)

2004年3月

3年半前に乳がんの全摘手術を受けましたが、2年もしないうちに脊椎、骨盤、頸椎に転移が見つかりました。痛み止めにMSコンチン(一般名 硫酸モルヒネ徐放剤)を使っていますが、痛みは抑えられるかわりに吐いてしまうのがつらいのです。主治医は慣れだとよいますが、少量でも、貼るタイプのものでもだめでした。痛みと吐き気さえ抑えられれば、何とか普通に生活ができるのですが、よい方法はないでしょうか。(静岡県 女性 ...

詳細はこちら

乳がんの骨転移。痛みの緩和と治療は(2)

2004年3月

5年前に乳がんの手術を受け、2年ほどで肺に6~8ミリの転移巣が複数見つかりました。アドリアシン(一般名 アドリアマイシン)などの治療を受け、肺の転移は画像上なくなりましたが1年前、腰椎と足のつけ根に骨転移がみつかり、放射線照射とタキソテール(一般名 ドセタキセル)の投与を受けました。現在胸水がかなりありますが、苦しくはありません。ただ、骨盤の痛みが少しずつ強くなってきています。痛み止めの薬はなるべ...

詳細はこちら

乳がんの骨転移。痛みの緩和と治療は(1)

2004年3月

5年前に乳がんの手術を受け、2年ほどで肺に6~8ミリの転移巣が複数見つかりました。アドリアシン(一般名 アドリアマイシン)などの治療を受け、肺の転移は画像上なくなりましたが1年前、腰椎と足のつけ根に骨転移がみつかり、放射線照射とタキソテール(一般名 ドセタキセル)の投与を受けました。現在胸水がかなりありますが、苦しくはありません。ただ、骨盤の痛みが少しずつ強くなってきています。痛み止めの薬はなるべ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!