1. ホーム > 
  2. 暮らし > 
  3. お金

暮らし

お金

処方間隔を最大にしつつ、高額療養費制度をフル活用すべし

2012年4月

がん患者やそのご家族にとって、がんとお金に関する不安や問題を少しでも解消し、治療に専念できる手助けになればと考えています。黒田尚子(くろだ なおこ)1992年大学卒業後、大手シンクタンク勤務中にFPの資格を取得。1998年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。Q:主人が慢性骨髄性白血病のグリベックを服用。毎月の支払いが高い。主人が慢...

詳細はこちら

医療費控除を受けるためには確定申告が必要

2012年3月

がん患者やそのご家族にとって、がんとお金に関する不安や問題を少しでも解消し、治療に専念できる手助けになればと考えています。黒田尚子(くろだ なおこ)1992年大学卒業後、大手シンクタンク勤務中にFPの資格を取得。1998年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。Q:医療費控除の申請手続きはどうすればいいでしょうか?妻が非小細胞肺がんと...

詳細はこちら

高額化するがん治療費には「高額療養費」の活用を

2012年2月

がん患者やそのご家族にとって、がんとお金に関する不安や問題を少しでも解消し、治療に専念できる手助けになればと考えています。黒田尚子(くろだ なおこ)1992年大学卒業後、大手シンクタンク勤務中にFPの資格を取得。1998年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。Q:利用できる公的制度についどの制度から利用していけばいいですか?先日、食...

詳細はこちら

財布まで「がん」になる!

2012年1月

がん患者やそのご家族にとって、がんとお金に関する不安や問題を少しでも解消し、治療に専念できる手助けになればと考えています。黒田尚子(くろだ なおこ)1992年大学卒業後、大手シンクタンク勤務中にFPの資格を取得。1998年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。はじめまして。FPの黒田です 私は、ファイナンシャル・プランナー(FP)と...

詳細はこちら

新しく、著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺やびまん性胸膜肥厚が救済対象に加わりました アスベスト(石綿)健康被害者には、救済の道があります!

2010年12月

アスベスト(石綿)による健康被害といわれる中皮腫や肺がんが年々増えています。この被害者たちを救済する救済制度があります。 2010年7月からその対象がさらに広がり、中皮腫・肺がんに加えて、著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺やびまん性胸膜肥厚も加わりました。 8割以上が建材に使用された あなたはアスベスト(石綿)による健康被害を受けていませんか。 もし被害を受けていれば、労災補償制度等の対象になら...

詳細はこちら

がん患者、もう1つの闘い。お金が続かなければ……

2010年8月

患者さんにとっては、命綱の薬。だけど、服用を中止する患者さんが続出高額な治療費が招く“静かな自殺”にストップを!! グリベックは慢性骨髄性白血病患者さんにとって、なくてはならない薬。しかしあまりにも高価なため、続けたくても続けられず、自ら薬をやめる決断、いわば“静かな自殺”を引き起こすケースも出ているという。 乳がんの母親が白血病の長女を刺殺 慢性骨髄性白血病患者・家族...

詳細はこちら

仕事、教育費、相続問題まで、がんにかかわるお金のよろず相談に応じます! 医療費で困ったら、「ソーシャルワーカー」に駆け込もう

2010年8月

帝京大学医学部付属溝口病院 医療相談室課長の 宮内佳代子さん がんの治療では、「お金」にかかわる問題も悩みの種だ。そんなとき、気軽に相談に応じてくれる「ソーシャルワーカー」という人たちがいることをご存じだろうか。ソーシャルワーカーがお金の悩みを具体的にどう解決してくれるのか、説明していこう。 どんな問題でもまずは相談してほしいがんにかかわるお金の悩みは、幅広く深刻だ。「抗がん剤治療の費用が高...

詳細はこちら

高額な医療費についての患者実態調査から見たがん家計の真実 つらいよ! がん患者が悲鳴を上げる高額な医療費生活

2010年8月

東京大学医科学研究所 特任研究員の 児玉有子さん 高額な医療費の支払いに困窮しているがん患者さん。この不況により収入が減っているにもかかわらず、薬の開発が進み、よく効くけれど値段が高い薬が次々に登場してきている。患者さんと家族が、安心して病と闘いながら生活を営むには、現状の制度はあまりにも冷たい。「給料日まで薬を中断」「再発したら死ぬ覚悟」東京大学医科学研究所特任研究員の児玉有子さんは、09年初春...

詳細はこちら

「患者が薬を選ぶ時代」にあって、信頼があり、より安価なジェネリック薬の選び方 積極的にジェネリック薬を利用して医療費を節約しよう

2010年8月

国保旭中央病院 泌尿器科主任部長の 中津裕臣さん 膨れ上がる医療費の削減に向け、厚生労働省は安価なジェネリック薬の利用を積極的に推進しようとしている。 この4月から患者自ら薬を選択する自由度も大幅に増えた。効果は先発薬と同等と言われるジェネリック薬。 医療費のかさむがん患者にとって、これは朗報なのか、それとも……? 前立腺がん治療にジェネリック薬を採用 中津さんが監修した前立腺がんのホル...

詳細はこちら

明細書は、患者が質問しやすくしてくれるツールである スーパーでレシートをチェックするように、「診療明細書」もチェックしてみよう

2010年8月

2010年春から、病院などでの精算時に無料で出るようになった診療明細書は、患者さんが、自分の治療や検査の内容と費用を後から知ることができる、医療のレシートだ。 スーパーでレシートをチェックするように、明細書にも目を通して、わからないことは医療機関に聞いてみよう。舛添要一厚労相によって明細書の無料化を開始2010年4月から、病院や診療所で治療や検査を受けた際にもらう領収書が大幅に充実した。従来の内訳...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!