がん相談

前立腺がん

ホルモン療法が効かなくなった後の治療は?

2012年10月

前立腺がんの3期です。先月、手術を受け、リンパ節転移が確認され、LH-RHアゴニスト(ゾラデックス*)と、抗アンドロゲン剤というホルモン剤(カソデックス*)によるホルモン療法を受けています。 先生からは、この薬はいずれ効かなくなる、と言われました。大体、どのくらいの期間で効果が無くなるのでしょうか? またホルモン剤の効果が無くなったら、他にどのような治療法があるのでしょうか?(福岡県 男性 57歳...

詳細はこちら

前立腺のホルモン療法で薬が効かなくなったら?

2012年4月

前立腺がんの間欠的ホルモン療法を受けています。今後、薬が効かなくなった場合、どのような治療がありますか。(埼玉県 男性 62歳)A ホルモン剤のいったん中止や、違うホルモン剤で対応男性ホルモンを抑えるホルモン療法を行っていると、数年のうちに効果がなくなることがあります。これは、去勢抵抗性がんとよばれています。その原因のひとつに、男性ホルモンの受容体の突然変異があります。受容体が突然変異を起こすと、...

詳細はこちら

前立腺がん治療に伴う副作用は少ないか

2012年1月

PSA*検診で前立腺がんがわかりました。病期はB期で、手術あるいは放射線治療のどちらかを選択して治療をすることになりました。どちらの治療も効果はほとんど同じということなので、副作用が軽い治療を受けたいと思っています。重粒子線治療は副作用が少ないと聞きました。ほかの治療と比較して、本当に少ないのでしょうか。(茨城県 男性 59歳)A 他の治療法より副作用は少ない前立腺がんの治療後に起こる副作用は、そ...

詳細はこちら

尿漏れは完治しますか?対策は?

2011年12月

約1年前に前立腺がんの摘出手術を受けました。尿漏れはだいぶ少なくなり、普段の生活にはほぼ支障がなくなりましたが、飛んだり跳ねたり走ったりすると、どうしても尿漏れを起こします。気分的にもすぐれません。完治できるものなのでしょうか。(栃木県 男性 69歳)A 骨盤底筋体操で改善を目指す■骨盤底筋体操の例(赤倉功一郎:前立腺がんの最新治療、主婦の友社、2011より抜粋引用)尿漏れは、前立腺の全摘除術を受...

詳細はこちら

再発を防ぐ生活の工夫とは?

2011年12月

前立腺がんの放射線治療を2年前に受け、PSA値も0.02台まで下がり、経過は良好です。このままなんとか再発せずに、療養できたらいいと考えています。食事や運動などの生活面ではどのようなことに気をつけたらいいでしょうか。(神奈川県 男性 76歳)A 再発よりも治療の副作用を防ぐため、食物繊維の多い食事を放射線治療後2年を経て、経過も良好のようですから、気をつけたいのは、再発しにくい食生活などよりは、放...

詳細はこちら

どこまでPSAが上昇したら再治療?

2011年12月

5年前に前立腺がんを発症し、約1年間ホルモン療法を行った後、休止。経過観察にて今日に至っています。半年前にPSA値が10.0に上昇しました。今後は経過観察をどのようにするのか、治療を開始する可能性があるのか。教えてください。(和歌山県 男性 82歳)A PSA値が10以上ならホルモン療法をご質問内容から、間欠的ホルモン療法を行われているのだと推測します。これによりホルモン療法を休止している人の場合...

詳細はこちら

手術と放射線療法、どちらが得か

2011年7月

父が早期の前立腺がんと診断されました。主治医からは手術と放射線療法の両方を選択できると言われています。ただ、放射線療法では、再発した場合の治療法が限定されるという話を聞いたことがあります。もし仮にいずれ再発した場合、初回にどういった治療を受けていたかによるメリット、デメリットはありますか。(福岡県 女性 42歳)A 初回の治療が手術なら、放射線療法もホルモン療法も可能前立腺がんの再発とは、PSA(...

詳細はこちら

前立腺がんの放射線治療 HDRとIMRT、どちらがよいか

2010年10月

2010年の1月に受けたPSAの検査の結果、値は6.2ナノグラム/ミリリットルあり、さらに生検を受けると、前立腺がんが見つかりました。がんは前立腺の片側にある限局性で、転移はありません。T2aといわれました。ただし、グリソンスコアは10で、高リスクです。現在、ホルモン治療を始めて半年がたちます。4週ごとにリュープリン(一般名リュープロレリン)の注射を打ってもらい、カソデックス(一般名ビカルタミド)...

詳細はこちら

ステージCの前立腺がんに、術前内分泌療法は必要か

2010年10月

ステージCの前立腺がんと診断されました。全身状態は比較的良好で、年齢も考慮して、手術(根治的前立腺全摘除術)を勧められています。この手術で、完治をめざしましょう、と主治医にいわれています。インターネットで調べてみると、LH-RHアゴニストや抗アンドロゲン剤を手術前に投与して、前立腺とがんを小さくさせ、それから手術をする方法もあることを知りました。術前内分泌療法(術前ホルモン療法)というようですが、...

詳細はこちら

間欠的ホルモン療法はいつまで続けたらよいか

2010年6月

前立腺がんと診断されて、前立腺全摘術を受けました。手術の結果、精嚢にがんが浸潤していて、リンパ節にも転移がありました。手術前に予想していたよりも、がんが広がっていたようです。再発する可能性が高いとのことで、ホルモン療法を始めました。精巣からの男性ホルモンの産生を抑えるというLH-RHアゴニスト剤と呼ばれる薬剤と、抗アンドロゲン剤を併用する治療です。治療と休止を繰り返す、間欠的ホルモン療法に取り組ん...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!