がん相談

子宮体がん

高血圧と糖尿病の持病があると、手術はできないと考えてよいか

2009年11月

子宮体がんの1期と言われました。私は、長年、高血圧と糖尿病の持病で苦しんできました。通常なら外科手術を行うようですが、私の場合、1期でも高血圧と糖尿病の合併症を考えて、手術ではなく、放射線療法を提案されています。高血圧や糖尿病があれば、手術はできないと考えてよいでしょうか。また、放射線療法を選んだ場合の副作用や、治療成績について教えてください。(大分県 女性 61歳)A 大学病院や総合病院などでは...

詳細はこちら

1a期の子宮体がん。内服薬で治療し、出産するのは可能か

2009年10月

30歳の主婦です。子宮体がんの1a期と診断されました。標準的な治療法は手術で、子宮、卵巣、骨盤内のリンパ節を切除するのが一般的であると、主治医に説明されました。場合によっては、傍大動脈リンパ節を腎臓の近くまで切除するとも言われました。私にはまだ子供がおらず、夫婦ともに子供を望んでいます。それで主治医に手術以外の治療法を相談したところ、ヒスロンH(一般名メドロキシ・プロゲステロン・アセテート=MPA...

詳細はこちら

子宮内膜症や子宮筋腫が、がんになることはあるか

2009年10月

子宮腺筋症などの子宮内膜症や子宮筋腫ががん化することはあるのでしょうか。あるとしたら、どれくらいの割合で起こるのでしょうか。ダグラス窩にできた子宮内膜症のがんのリスクについても教えてください。(岡山県 女性 36歳)A チョコレート嚢胞以外の悪性化は通常、心配する必要はない子宮内膜症とは、子宮内腔以外の場所に子宮内膜に類似した組織が増殖する病気です。できる場所は「子宮内腔以外の場所」ですが、圧倒的...

詳細はこちら

類内膜腺がんで、術後経過観察中。再発した場合、どんな治療が有効か

2009年1月

半年ほど前に子宮体がんの手術を受けました。類内膜腺がんで、病期はステージ1、分化度はグレード1とのことです。再発リスクは低いとのことで、経過観察中です。これまで、順調な経過をたどってきましたが、再発への不安があります。再発した場合、どんな治療が有効なのでしょうか。アドバイスしてください。(福井県 女性 37歳)A 形式、部位により取り扱いは異なり、標準的治療はない「Q:子宮体がん1期との疑い。診断...

詳細はこちら

子宮肉腫の疑い。開腹手術を勧められているが、針生検での診断は可能か

2009年1月

近くの婦人科クリニック紹介先の病院で検査をしました。その結果、「子宮肉腫の疑いが否定できない」とのことで、開腹手術を勧められています。自分なりに集めた資料では、針生検で診断できると書いてありました。針生検で、正確な診断は可能なのでしょうか。(滋賀県 女性 54歳)A 子宮肉腫は多発性が多く、針生検による診断は難しい。出血のリスクも子宮肉腫は、子宮の筋肉から発生する悪性腫瘍です。良性腫瘍の子宮筋腫の...

詳細はこちら

3年前に平滑筋肉腫の手術。今後もし再発したら、どんな治療法があるのか

2009年1月

3年ほど前に、子宮肉腫の開腹手術を受けました。子宮、卵巣、卵管を切除しました。病理検査の結果、平滑筋肉腫という子宮肉腫で、病期はステージ1とのことです。手術後、化学療法や放射線療法はしていません。再発した場合、どんな治療方法がありますか。(高知県 女性 55歳)A 骨盤内局所再発には放射線、骨盤外では化学療法があるが効果は低い一般的に再発は、手術後1~2年で起こります。相談者は手術後3年を経過して...

詳細はこちら

子宮肉腫の手術で卵巣、卵管、リンパ節の切除の必要は?

2009年1月

職場で下腹部に激痛が走り、出血もあったため、すぐに病院に行きました。子宮筋腫とのことで、日帰り手術を受けました。ところが、手術後の病理検査の結果、子宮肉腫とわかり、開腹手術を提案されています。子宮、卵管、卵巣を切除し、骨盤内と大動脈に沿ったリンパ節を取り除く手術とのことです。卵巣を切除すると手術後にホルモンバランスが崩れたり、リンパ節を取り除くとリンパ浮腫などに悩まされるようです。卵巣や、リンパ節...

詳細はこちら

4週に1回の化学療法が、8週以上の間隔。問題ないか

2008年10月

44歳の未婚女性です。主な経緯からご説明します。(1)2007年9月…大学病院の婦人科で、子宮がんが発見される。(2)10月中旬…広汎子宮全摘術の手術を受ける。2a期の子宮頸がんという診断のため、卵巣と卵管は温存。(3)10月下旬…病理検査の結果、子宮頸がんではなく、子宮体がんであることが判明。3c期の子宮体がん(腺扁平上皮がん)で、骨盤のリンパ節に転移していたため、それを郭清。子宮筋腫と思ってい...

詳細はこちら

子宮体がんの1a期。出産をあきらめきれない

2008年10月

妻(33歳)が子宮体がんになりました。ステージ(病期)は1a期だろうと言われていて、治療法は手術(子宮全摘+両側付属器切除)とホルモン療法の2つを提案されています。私たち夫婦には子供がいないため、2人とも、子供を欲していましたが、妻が病気になった今となっては、私は妻の体を第1に考えたいと思います。しかし妻は、子供をまだあきらめきれないようです。私は確実に治る可能性が高い治療法を望みます。それがもし...

詳細はこちら

子宮がん検診で、子宮体がんはわかるか

2008年8月

32歳から15年間、ほぼ毎年、市の子宮がん検診を受けています。幸い異常は1度も指摘されていませんが、先日、友人に「検診では子宮頸がんはわかっても、子宮体がんについては何もわからない」と言われました。これは本当でしょうか。本当なら、子宮体がんの検査も受けるべきでしょうか。(福岡県 女性 47歳)A 子宮頸がん検診では、子宮体がんはほとんどわからない地方自治体などで行っている子宮がん検診の多くは、子宮...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!