がん相談

血液がん

胃のマルトリンパ腫、手術を避けたい

2013年7月

胃にマルトリンパ腫があると診断されました。最初に診断された病院では、手術で胃を全摘する治療が必要であると言われたのですが、できるだけ胃を残したいと思い、セカンドオピニオンで別の病院にかかったところ、胃のマルトリンパ腫はピロリ菌が影響していることが多く、ピロリ菌をきちんと除菌すれば手術をしなくて済むと聞きました。できたら手術をしない治療を選択したいと思っていますが、本当にそれでよいのかという迷いもあ...

詳細はこちら

薬を飲み続けることが経済的負担に……

2013年7月

慢性骨髄性白血病患者です。今、グリベック*を飲んでいて寛解することができています。しかし、薬剤が非常に高く、飲み続けている状態に負担を感じているので、できたら少し中断したいと考えています。今、グリベックを中断してどのくらい寛解状態が保てるかという臨床試験が行われていると聞きました。その結果はどのようなものなのでしょうか。できるのならばぜひ休薬して、悪化するようならば、また治療を再開することを望んで...

詳細はこちら

化学療法、高齢者の留意点は

2013年7月

78歳の母が骨髄異形成症候群で、不応性貧血という診断を受けました。急性骨髄性白血病になりやすいタイプと聞き、不安です。これから薬剤による治療を行うということなのですが、母は高齢なので、治療の副作用などが心配です。副作用への対策や、治療中に高齢患者が気をつけるべきことなどを教えてください。(千葉県 女性 51歳)A 副作用の少ない治療法もご年齢を考えると、移植はありません。支持療法でいくか化学療法で...

詳細はこちら

手足のしびれ、治療やめたいが……

2013年7月

多発性骨髄腫が再発し、ベルケイド*で治療をしています。病勢は非常に落ち着き安心しているのですが、副作用で手足のしびれと痛みに悩まされています。薬が効いているだけに、治療を止めたいとは言い出せずに悩んでいます。この手足のしびれの副作用を緩和するようなケア方法はありませんでしょうか。(石川県 男性 48歳)A 投与間隔を開けるという選択肢もベルケイドは、これまで静脈注射でしたが、2012年12月に皮下...

詳細はこちら

2期の非ホジキンリンパ腫。放射線治療を追加したほうがいいか

2012年8月

2期のびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫で、病変は、首と縦隔*にあります。治療法として、多剤併用療法を勧められていますが、放射線治療も併用したほうがよいといわれています。放射線治療はしたほうがよいのでしょうか。併用すると、効果はどの程度あがるのでしょうか。(神奈川県 女性 45歳)A 化学療法に放射線を併用するのが標準治療1期または、病変領域が隣接している2期の非ホジキンリンパ腫の場合は、通常、R-...

詳細はこちら

トレアキシンの治療について教えてほしい

2012年8月

ろ胞性リンパ腫が再発しました。低悪性度です。トレアキシン*という新しい治療薬が出たとのことで、この治療法を勧められました。この治療法のメリット・デメリットを教えてください。(東京都 男性 55歳)A 治療効果が高く、吐き気、脱毛の少ない期待の治療トレアキシンは2010年に日本で承認された、再発、または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫の治療に用いられる薬剤です。国内で...

詳細はこちら

末梢性T細胞リンパ腫。海外で試験中の治療はどうか

2012年8月

末梢性T細胞リンパ腫非特異群と診断されました。化学療法の効果はあまり高くないと聞いています。海外では、CHOP療法*にデニロイキン・ディフティトックスという薬剤を併用する、効果が高い治療の治験が行われているとネットで知りました。このような治療を受けるのはどうなのでしょうか。(福岡県 男性 43歳)A 臨床試験は治療効果を調べる段階この病気は、症例数が少ないことに加え、症状や経過がさまざまなため、現...

詳細はこちら

悪性リンパ腫の新薬、自分に使えるか

2012年3月

中悪性度B細胞性リンパ腫でR-CHOP*療法を受け、完全寛解に至りましたが、再発のことが心配です。万一再発したときは、1度使った治療薬は効かないことも多いと聞いています。一昨年トレアキシン*という新薬が、発売されたと聞きました。今後再発した場合、このお薬は自分に使えるのでしょうか。(東京都 男性 65歳)A 再発治療の選択肢として期待できる現在のところ、トレアキシンの適応は、低悪性度B細胞性非ホジ...

詳細はこちら

急性骨髄性白血病の抗がん剤治療中に気をつけることは?

2012年3月

急性骨髄性白血病の初回寛解導入療法で、ダウノマイシン*とキロサイド*の2剤併用の抗がん剤治療を始めました。現在は、入院して治療していますが、治療中の副作用について、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。また、一時的に退院して自宅に帰る際に、生活面で気をつけることについても教えてください。(山形県 男性 50歳)A 感染防止が大切。手洗い、マスク、食事にも気をつけて急性骨髄性白血病の抗がん剤...

詳細はこちら

高齢の父が抗がん剤の服薬をきちんとできない

2012年3月

78歳の父が、悪性リンパ腫でR-CHOP*療法を受けています。ただ、家で飲む薬を間違えるのか、病院でもらってくる袋の中に薬が残ってしまうことが、ときどきあります。治療に問題はないのでしょうか。父は1人暮らしをしており、認知症の症状もありません。私が仕事をもっていることもあり、父の通院に付き添ったり自宅での服薬に注意を払いきれない状況です。(埼玉県 女性 45歳)A 薬を整理したうえで対策を相談して...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!