がん相談

腎臓がん

腎細胞がんで手術。8年経ったが再発するか

2008年10月

2000年7月、56歳のときに腎細胞がんが発見され、翌8月に手術を受けて、がんのある左側の腎臓をすべて切除してもらいました。手術後、8年ほどが経ちますが、転移・再発は認められず、それほど不自由のない生活をしています。とはいえ、転移・再発の不安がないわけではありません。とくに腎細胞がんは、ほかの多くのがんと違って、5年を過ぎても、比較的多く再発すると聞いています。私は高血圧症(上=収縮期血圧は170...

詳細はこちら

腎臓がんの分子標的薬の効果や副作用は?

2008年10月

父(60歳)のことでご相談します。父は転移性の腎臓がんで、手術は受けられず、インターフェロンの注射を受けています。がんが半分ほどに縮小するなど、効果が見られますが、しばらくすると、効果が薄まる可能性が高いと主治医に言われています。効果が低くなった場合には、インターフェロンにインターロイキン2を加える方法もあるそうですが、その効果も長期的に続くかは保証できないと言われ、父ともども不安です。今年になっ...

詳細はこちら

4センチほどの腫瘍。全摘出手術以外の治療法について知りたい

2007年10月

最近、会社の健診で腹部超音波検査を受けたとき、左の腎臓に異変が見つかりました。精密検査が必要とのことで、造影剤を使ったCT検査を受けました。4センチほどの腫瘍があるといわれました。担当医からは全摘出手術を勧められています。できれば、身体に負担の少ない手術を受けたいと思っています。全摘出手術以外の治療法と、その効果を教えてください。(宮城県 男性 51歳)A 腎温存手術があるご相談者の場合、第1選択...

詳細はこちら

腎全摘後、肺に複数の影が。今後の治療法は

2007年10月

1年前に、左の腎臓がんの全摘出手術を受けました。手術は成功しました。腫瘍の大きさは直径6センチで、ステージ1との説明を受けました。ところが、最近、検査で肺に影が複数あると言われました。インターフェロン療法を受ける予定ですが、知人から新しい分子標的薬なども有効だと聞いています。今後の治療法について、アドバイスをしてください。(茨城県 男性 54歳)A 手術治療が確実だが、インターフェロン療法もご相談...

詳細はこちら

病理検査の結果、腫瘍の最大径は5センチほど。淡明型とはどんなタイプ?

2007年10月

半年ほど前に、腎臓がんで手術を受けました。病理検査の結果、腫瘍の最大径は5センチほどと言われました。腎臓がんのうちの淡明型というタイプのようです。この淡明型とはどんながんなのでしょうか。再発の可能性は、どの程度なのでしょうか。再発治療についても教えてください。(愛媛県 男性 48歳)A 腎臓がん全体の80パーセントを占める腎臓がんは、組織型によって、淡明型と乳頭型、嫌色素型、集合管型に分けられます...

詳細はこちら

繰り返される再発。ネクサバールを使ってみたいが

2007年5月

68歳の夫が脳に腎がんを再発させました。手術を受けるものの、近い将来、また再発を繰り返すのではないかと心配です。夫が腎がんと診断されて、手術で右の腎臓を切除したのは5年前です。その2年後に肺に再発し、手術で切除しました。そして、インターフェロンや抗がん剤の治療も受けたのに、また脳に再発させたのです。腎がんにネクサバールという新薬ができたと聞きました。どのような薬なのか教えてくださいませんでしょうか...

詳細はこちら

手術を勧められたが、スーテントを使用したい

2007年5月

64歳になる父が胸の痛みを訴えて、精密検査で腎がんと診断されました。左の肺に見つかった直径4センチの腫瘍は、左の腎臓から転移したものだったそうです。現在、インターフェロンなどで治療しているものの、あまり効いていないようです。「腫瘍の縮小が見られたら、手術によって切除する」という説明を受けたのですが、他の薬による治療法はないものでしょうか。欧米ではスーテントという優れた効果が期待できる薬があると聞き...

詳細はこちら

乳頭状腎細胞がんの治癒の可能性は?

2007年5月

腎臓がんの手術を受けました。約8センチの腫瘍でした。病理検査の結果、乳頭状腎細胞がんと告げられました。乳頭状腎細胞がんとは、どんながんでしょうか。また、再発・転移しやすいがんと聞いたのですが、乳頭状腎細胞がんは治癒できる確率はどのくらいありますか。(長野県 男性 67歳)A 手術で腫瘍をすべて切除できていれば、治癒する可能性は非常に高い腎臓は血液を濾して尿をつくる腎実質と、できた尿を集めて尿管へ送...

詳細はこちら

腎臓がんの再発。治療法を迷っている

2006年5月

3年前、左右両方の腎臓にがんが見つかり、右の腎臓は全摘、左側は部分切除手術を受けました。がんは取り切ることができ、通常の生活を送っていました。しかし、先日受けた検査で、残った左側の腎臓の再発が判明し、治療は、左側腎臓摘出手術か抗がん剤治療になると言われました。摘出手術を行うと、透析を受けなければならないため、抗がん剤治療を勧められましたが、腎臓がんには抗がん剤があまり効かないと聞きました。選択を迷...

詳細はこちら

腎臓がん摘出手術後に肺転移。黄体ホルモン投与の効果は?

2005年12月

3年前、腎臓がんで左の腎臓を摘出しました。1年半後に左右の肺に転移が見られるとのことで、インターフェロンの注射を2カ月間しましたが、その効果はありませんでした。そこで、インターロイキン2による治療を始めたところ、効果がありました。ところが、1年半後の今年5月、少し大きくなっていることがわかりました。今後の治療について、主治医から「黄体ホルモンを投与してみましょうか」と言います。ただ、この治療法は確...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!