がん相談

腎臓がん

繰り返される再発。ネクサバールを使ってみたいが

2007年5月

68歳の夫が脳に腎がんを再発させました。手術を受けるものの、近い将来、また再発を繰り返すのではないかと心配です。夫が腎がんと診断されて、手術で右の腎臓を切除したのは5年前です。その2年後に肺に再発し、手術で切除しました。そして、インターフェロンや抗がん剤の治療も受けたのに、また脳に再発させたのです。腎がんにネクサバールという新薬ができたと聞きました。どのような薬なのか教えてくださいませんでしょうか...

詳細はこちら

手術を勧められたが、スーテントを使用したい

2007年5月

64歳になる父が胸の痛みを訴えて、精密検査で腎がんと診断されました。左の肺に見つかった直径4センチの腫瘍は、左の腎臓から転移したものだったそうです。現在、インターフェロンなどで治療しているものの、あまり効いていないようです。「腫瘍の縮小が見られたら、手術によって切除する」という説明を受けたのですが、他の薬による治療法はないものでしょうか。欧米ではスーテントという優れた効果が期待できる薬があると聞き...

詳細はこちら

乳頭状腎細胞がんの治癒の可能性は?

2007年5月

腎臓がんの手術を受けました。約8センチの腫瘍でした。病理検査の結果、乳頭状腎細胞がんと告げられました。乳頭状腎細胞がんとは、どんながんでしょうか。また、再発・転移しやすいがんと聞いたのですが、乳頭状腎細胞がんは治癒できる確率はどのくらいありますか。(長野県 男性 67歳)A 手術で腫瘍をすべて切除できていれば、治癒する可能性は非常に高い腎臓は血液を濾して尿をつくる腎実質と、できた尿を集めて尿管へ送...

詳細はこちら

腎臓がんの再発。治療法を迷っている

2006年5月

3年前、左右両方の腎臓にがんが見つかり、右の腎臓は全摘、左側は部分切除手術を受けました。がんは取り切ることができ、通常の生活を送っていました。しかし、先日受けた検査で、残った左側の腎臓の再発が判明し、治療は、左側腎臓摘出手術か抗がん剤治療になると言われました。摘出手術を行うと、透析を受けなければならないため、抗がん剤治療を勧められましたが、腎臓がんには抗がん剤があまり効かないと聞きました。選択を迷...

詳細はこちら

腎臓がん摘出手術後に肺転移。黄体ホルモン投与の効果は?

2005年12月

3年前、腎臓がんで左の腎臓を摘出しました。1年半後に左右の肺に転移が見られるとのことで、インターフェロンの注射を2カ月間しましたが、その効果はありませんでした。そこで、インターロイキン2による治療を始めたところ、効果がありました。ところが、1年半後の今年5月、少し大きくなっていることがわかりました。今後の治療について、主治医から「黄体ホルモンを投与してみましょうか」と言います。ただ、この治療法は確...

詳細はこちら

6年前、慢性糸球体腎炎に。今後がんになる可能性は?

2005年12月

6年前、慢性糸球体腎炎(IgA腎症)と診断されました。尿タンパク、尿潜血があり、腎性高血圧もあります。降圧剤を服用して血圧をコントロールして、透析治療を回避できるように努力していますが、腎臓がんになるのではないかと不安です。慢性腎炎は将来、腎臓がんになる可能性はあるでしょうか。あるとすれば、事前にどんな心がけや取り組みが必要なのでしょうか。(福島県 男性 59歳)A 透析治療を受けるようになると、...

詳細はこちら

左の腎臓に3.5センチの腫瘍。腎臓温存手術でよいか

2005年12月

左の腎臓に3.5センチの悪性腫瘍が発見されました。主治医からは「この大きさなら腎臓を温存する手術ができそうです」と言われました。腎臓温存手術は、腎臓全摘手術と再発率も生存率も同じとの説明も受け、温存手術をすすめられています。腎臓温存手術で問題はないでしょうか。また、全摘手術をして腎臓が1つになった場合、日常生活などで不便なことはないのでしょうか。(大阪府 男性 62歳)A 条件を満たしていれば、全...

詳細はこちら

腎盂がんで手術後、膀胱に転移。手術以外の方法はないか

2005年12月

2005年の2月に腎盂がんと診断され、右腎臓と尿管、膀胱の一部の切除手術を行いました。局所進行がんとのことで、4月から6月まで、化学療法を2クール行いました。しかし、8月の検査で膀胱に腫瘍が1つ見つかりました。あまりに早い転移に戸惑っています。これは、術後補助療法が効かなかったということなのでしょうか。今後の治療として、主治医からは内視鏡での腫瘍摘出か、悪性度が高い場合は膀胱全摘をしなければならな...

詳細はこちら

腎細胞がんで、部分切除を希望。全摘手術との違いは?

2005年8月

先日、早期の腎細胞がんと診断されました。場所は左腎の下部で、大きさは4センチ程度です。右腎は正常です。医師からは左腎の全摘手術を勧められていますが、4センチくらいでも部分切除の適応になることがあると聞きました。できれば部分切除を希望しているのですが、再発など、今後のことを考えると、全摘のほうがよいのでしょうか。(茨城県 女性 53歳)A 部分切除が適応になるケースはさまざまご質問にお答えする前に、...

詳細はこちら

腎盂尿管がんで、腎臓と尿管、膀胱壁の1部を含めた腎尿管の全摘と膀胱の部分切除。留置カテーテルが痛み、苦痛

2005年7月

2年ほど前、腎盂尿管がんと診断され、腎臓と尿管、膀胱壁の1部を含めた腎尿管の全摘と膀胱の部分切除をしました。しかし、今年になって、尿が出なかったり、脇腹が痛んだり、血尿が出たりしたため、検査を受けると、反対側の腎臓に腫瘍が見つかりました。移行上皮がんで、塊ではなく、粘膜の上に広がった感じで、腎盂のほうにがんがあるとのことです。現在、尿管から腎盂までカテーテルを入れて、抗がん剤のマイトマイシン(一般...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!