がんサポート10月 乳がん特集 掲載記事更新のお知らせ

●乳がん特集 ※ログインしてご覧ください

 もっとガイドラインを上手に使いこなそう! 『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』はより患者目線に

 切除不能または再発乳がんの脳転移にも効果が HER2陽性乳がん治療薬「ツカチニブ」をFDA承認

 5個以内の転移なら治癒の可能性も 乳がんのオリゴメタスタシスに対する体幹部定位放射線療法SBRT

●がんと生きる ※ログインしてご覧ください

 〝がんになってもハッピーに人生を歩んでいくことが健康〟の精神で 絶望の淵に立たされた乳がん患者が撮影スタジオを設立

●闘病記大賞 ※ログインしてご覧ください

 妻と共にがんと闘った追憶の日々 君を夏の日にたとえようか 第10回

新シリーズ 東洋医学の視点でがんを捉える スタート!

●東洋医学の視点でがんを捉える ※ログインしてご覧ください

 第1回 体の中にがんができるって、どういうこと? がん予防と再発予防の手助けを漢方が担える可能性が

●楽・得 がんケアのABC ※ログインしてご覧ください

 第2回 手のぬくもりで、痛みや不安を和らげる ご家族でもできるタクティールケア

●マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ!

 第29回 接触確認アプリ「COCOA」 <卍のポーズ>

●がん相談 血液がん

 あごの下に腫れ、悪性リンパ腫の疑い

 再移植を試みたほうがいいのか

 再移植しても見込みがないと言われたが

●連載

 精神腫瘍医・清水 研のレジリエンス処方箋 第7回 医師と良好なコミュニケーションをとるために患者力を身につけよう

 腫瘍内科医のひとりごと 118 記憶を絵におきかえて

 ドイツがん患者REPORT 72 「Made in Germany」計画

 編集部の本棚 2020/4Q 『他人の期待に応えない』ありのままで生きるレッスン

 

●10月 編集後記

■「肺がん市民フォーラム2020」は4月開催予定でしたが、コロナ禍の影響で10月3日に延期されました。しかし、昨今の状況を考慮して、Live Web開催に変更に。講演会のWeb配信は初めてですが、「災い転じて福となす」で、自宅でご覧頂けるのは患者さんにはかえってよかったかもしれない。2011年3.11の直後に有楽町朝日ホールで開催予定だった講演会を秋に延期せざるをえなくなったことがあったが、当時はまだWeb配信など無理だったでしょう。(松尾)

■これから冬にかけてインフルエンザと新型コロナの第3波がダブルで襲ってくると警告されている。しかし、ここにきて「日本の新型コロナは11月以降には消滅する」という説が登場した。京都大学大学院特定教授で感染症・免疫の専門家である上久保康彦さんである。人間の細胞にくっつき影響を及ぼすウィルスの突起(スパイク)の変異可能な数は最大12~14回。その頻度は月1回程度。新型コロナの弱毒S型が発生したのが昨年12月。その後、弱毒K型、強毒のG型に変異し、今年の11月以降には最後の変異を終えて消滅、ただのコロナになるというのだ。そうなれば、いたずらに新型コロナを恐れる必要はなくなるだろう。(髙橋)

 

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!