闘病記

がんと生きる

「同じ舌がんの人の役に立てれば」と綴った絵日記から生まれるエネルギー ささえてくれる人への感謝を絵に描きとめておきたい

2012年7月

吉見健さん (シルクスクリーン印刷会社勤務/兼業作家) よしみ たけし 1956年生まれ。京都精華短期大学(現・京都精華大学)美術科デザインコース卒業後、大阪のデザインスタジオに弟子入り。のちにシルクスクリーン刷り師として、活動の場を広げる。シルクスクリーン専門の印刷会社に勤務していた2009年9月、舌がんが見つかり手術、放射線治療を受ける 「舌にデンボができましてん」。吉見健さんが描いた舌がん...

詳細はこちら

在宅ホスピスを支えてきた看護師が、命を終えようとする今、思うこと 見守ってくれてありがとう「ちゃんと死んでみせるからね」

2012年6月

辛島幸子さん (看護師) からしま さちこ 1940年福岡県小倉生まれ。看護専門学院を卒業後、63年東京慈恵会医科大学付属病院に就職。70年より旭硝子千葉工場診療所等を経て、1児を育てながら病院勤務。16年間勤務した総合健康保険多摩健康管理センターを定年退職後、介護老人保健施設やデイサービス勤務。2011年病気のため退職 東京・立川の公団住宅で、今、1人のがん患者さんが終末期を迎えている。 辛...

詳細はこちら

8回手術を受け、2度声を失いながら、がんと闘い抜く現役医師 がんとの闘いに挫けそうなときは私を思い出してほしい

2012年5月

赤木家康さん (整形外科医) あかぎ いえやす 1957年岡山県生まれ。85年東海大学医学部卒業後、日本大学医学部整形外科学教室入局。国立立川病院、公立阿伎留病院、春日部市立病院などを経て、93~95年日本大学救命救急センター勤務。96年板橋区医師会病院整形外科部長、2000年永生病院・整形外科部長を務め、03年10月同副院長に就任、現在に至る。著書に『癌!癌!ロックンロール~金髪ドクター、6...

詳細はこちら

大腸がんを体験し見出した「美味しくて安心して食べられるお菓子」への道 「お菓子を食べられる幸せ」を届けるのが私の使命です

2012年4月

重野佐和子さん (料理研究家) しげの さわこ 学生時代より料理研究家上野万梨子氏に師事し、アシスタントとしてフランス料理を学ぶ。27歳で渡仏、「ル・コルドン・ブルー」「エコール・ド・ルノートル」に留学。パリとトゥールでレストラン修行を経て帰国。 1991年横浜・元町にフランス料理とお菓子の教室「Cent-Kleber」を開講。フリーの料理家として雑誌や広告撮影、カフェメニューの開発も手がける...

詳細はこちら

「がんは怖くなかった。すべてを剥ぎ取られ、生き方が変わった」 人のために働ける幸せが見えた「日本縦断の旅」

2012年3月

福崎裕夫さん (建設業) ふくざき やすお 1978年甲南大学理学部生物学科卒業。2005年舌がんの病期2と診断され、手術、放射線、化学療法などの治療を受ける。2007年4月、沖縄を出発点に日本縦断の旅に出る。「憲法第9条」を守ることをかかげ、ゲゲゲの鬼太郎の「ねずみ男」のふん装で国道を歩き、2008年6月北海道宗谷岬に到達 舌がんの治療を経て、日本を縦断する徒歩の旅に出た男性がいる。 1日50k...

詳細はこちら

「言いたくても言えない」がん患者の思いを代弁したい 「目指せ!一がん息災」。自らの乳がん体験をブログに綴る新聞記者・秦野るり子さん

2012年1月

はたの るりこ1982年読売新聞社入社。経済部を経て、1989年外報部(現・国際部)に異動。読売新聞社初の女性特派員としてワシントン支局、ジャカルタ支局、ローマ支局を経て、2008年調査研究本部。2010年2月に乳がんと診断される。2011年4月より読売新聞社のサイト「yomiDr.(ヨミドクター)」にブログを掲載。 全国紙の国際部という報道の第一線で仕事をしてきた女性記者が、自らの乳がん体験を...

詳細はこちら

骨肉腫治療による人工膝関節置換術を受け、スポーツに果敢に挑戦するアスリート魂 人工関節でも運動できることを自分の体で証明してみせる!

2011年12月

今利紗紀さん (団体職員) いまり さき 1983年生まれ。2004年の中京大学体育学部2年生のときに左膝に骨肉腫を発症し、人工膝関節置換術を受ける。翌年、再発・肺転移への治療を経て、2007年教員免許を取得。2009年、「運動器の10年世界運動キャンペーン」のイベントでオーストラリア大陸を電動アシスト付き自転車で走破 人工膝関節の見本をもった今利さん。重さ約2キロの金属の塊はいかにも重い。運動器...

詳細はこちら

舌がん3期を宣告されるも、舌の再建手術を乗り越えたフォトグラファー 人生観を覆させられたがん体験。そして今、最も大切なこととは──

2011年11月

増元幸司さん (フォトグラファー) ますもと こうじ 1968年生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社にカメラマンとして勤務。99年に独立し、商業写真の撮影とともに独自の制作活動を行っている。2010年に3期の舌がん発症。舌の右半分と頸部リンパ節を切除し、腕の皮と血管を移植して舌を再建した。今年から仕事も制作活動も再開 商業写真の"カメラマン"として活躍しつつ、"フォ...

詳細はこちら

乳房の異変を誰にも相談できなかった3年間の苦悩を語る乳がんサバイバー 弱者になった自分を認めた今、怖いものは何もない

2011年10月

佐々木サチ子さん (ふれあいサロン主宰) ささき さちこ 1940年生まれ。生保会社で育成所長を務めた後、民生委員の仕事やボランティア活動に邁進。2009年、乳がん4期と診断され、右乳房を全摘。骨転移も見つかり、「余命3カ月」と宣告される。現在も化学療法を継続しながらも、ボランティア活動などを再開し、人生を楽しんでいる ある時は生保会社の育成所長、ある時はギャンブラーとして華やかな世界で活躍してき...

詳細はこちら

免疫療法にも挑戦。2つの人工肛門を持つ小腸がんサバイバーの壮絶な闘病記 オストメイトでも、自分をさらけ出して生きていきたい

2011年9月

佐藤千津子さん (アロマテラピーサロン経営) さとう ちづこ 1971年生まれ。服飾雑貨店の経営者として順風満帆だった2007年、希少がんの1つ、小腸がんと宣告される。3度手術し、2つの人工肛門を持つオストメイト。抗がん剤治療や免疫療法を行いながら、アロマテラピーのサロンを立ち上げる。現在も抗がん剤治療中。2 児の母でもある 告知された病名は、数10 万人に1 人しかかからない「小腸がん」。 手術...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!