がん相談

非小細胞肺がん

間質性肺炎を合併。効果的な化学療法や分子標的薬は?

2008年8月

最近、CT、PETによる検査を受けた結果、左下肺野に3センチ大の非小細胞がんの扁平上皮がんが発見されました。対側縦隔のリンパ節にも腫瘍があるとのことです。間質性肺炎も合併しています。今後は、化学療法を中心にした治療を受ける予定です。効果的な化学療法や分子標的薬を教えてください。また、化学療法後に、放射線治療や手術を受けることはできますか。実は、3年前に、PSA(前立腺特異抗原)値が高くなり、生検で...

詳細はこちら

腺がんの1A。放射線治療と手術、どちらがいいか

2008年8月

胸部レントゲン検査で、左肺の肺野部に異常が見つかりました。PETなどで精密検査をしたところ、非小細胞肺がんの腺がんの1Aで、腫瘍の最大径は3センチです。自分で集めた資料のなかに、強度変調放射線治療というのがありました。放射線だけで治せるようですが、新しい治療法なので、多少不安もあります。やはり、手術で切除したほうがよいのでしょうか。ご意見をお聞かせください。(愛媛県 女性 68歳)A 手術が標準的...

詳細はこちら

扁平上皮がん。再発・転移の治療は?

2008年7月

3年前に、健康診断のレントゲン検査で肺の異変を指摘されました。CTスキャンや気管支鏡検査などで、右肺の上葉に4センチの腫瘍が見つかりました。非小細胞肺がんの扁平上皮がんとのことで、外科手術をしました。病理検査ではリンパ節転移も1つ見つかりました。術後3カ月後に、両肺の転移と肝臓の転移がわかり、アクプラ(一般名ネダプラチン)とトポテシン(一般名イリノテカン)の2剤による抗がん剤治療を受けました。幸い...

詳細はこちら

腺がんの3期。手術ができれば、治癒は可能か

2008年7月

最近、非小細胞肺がんの腺がんと診断されました。右肺上葉に原発性がんと縦隔リンパ節転移があり、3期と言われました。すぐに手術をするのは難しいようです。そこで、化学療法と放射線療法をしたあとで、手術を行う予定です。化学療法はパラプラチン(一般名カルボプラチン)とタキソテールの2剤併用とのことです。手術ができるようになれば、治癒は可能なのでしょうか。こうした治療法の有効性について、教えてください。(滋賀...

詳細はこちら

転移のない扁平上皮がん。負担のかからない手術方法は?

2008年7月

67歳の父の相談です。検査を受けた病院で、肺がんを告げられました。担当医の説明では、非小細胞肺がんの扁平上皮がんとのことです。左肺の上葉に、腫瘍が1つあるとのことです。大きさは3センチほどで、リンパ節転移や、遠隔転移はないとのことです。手術を予定しています。父のような肺がんの場合、手術による治療成績はどの程度なのでしょうか。また、できるだけ体に負担のかからない手術方法にしたいと考えています。どんな...

詳細はこちら

4年3カ月で2つの原発がんを経験。全身にあるのか不安

2008年3月

2006年7月に、肺の右上葉に2センチの腺がんが見つかり、手術を受けました。病期は1Bで、術後の抗がん剤治療は受けていません。03年8月にも、左乳房の乳がんの手術をしており、大きさは3センチ弱で、リンパ節転移はなく、術後は放射線治療を受けました。肺がんは、乳がんの再発ではなく、原発と言われました。07年1月の検査で、右肺に6ミリの影と右下葉に小さい影がいくつか見つかりました。6月の検査でも同じ場所...

詳細はこちら

1期の非小細胞肺がん。手術でリンパ節を取る理由は?

2008年3月

非小細胞肺がんと診断されました。病期は1期とのことです。担当医から外科治療を勧められています。手術ではリンパ節も取ると言われました。なぜ、リンパ節を取るのでしょうか。取らないと予後への影響はあるのでしょうか。また、取った場合、体への影響はないのでしょうか。(岐阜県 男性 59歳)A がんが広がりやすい部位のリンパ節は取り除くリンパ節を取る第1の目的は、画像や肉眼では診断しきれないリンパ節への広がり...

詳細はこちら

76歳、非小細胞肺がんの3期。有効な化学療法は?

2008年3月

76歳の父のことで相談です。総合病院で非小細胞肺がんの3期と言われました。医師から「手術は難しいため、化学療法をしたほうがよいでしょう」と言われたとのことです。高齢で、軽い糖尿病の持病もあるため、化学療法による副作用が心配です。できるだけ副作用が少なく、有効な化学療法を選びたいと思います。アドバイスをお願いします。幸い、父は自分で身の回りのことはほとんどできます。精神的なショックはあるようですが、...

詳細はこちら

脳転移の疑いがあり。治療法は全脳照射しかない?

2007年11月

2年前、非小細胞肺がん4期と診断されました。手術はできない状態とのことで、イレッサ(一般名ゲフィチニブ)による治療を受けてきました。最初はその効果が現れました。ところが、最近、MRI検査で脳に影があり、転移の疑いがあると言われました。担当医から全脳照射を勧められていますが、副作用が心配です。治療法は、全脳照射しかないのでしょうか。(岩手県 女性 71歳)A 全脳照射以外にもガンマナイフなどの定位照...

詳細はこちら

2A期の肺腺がん。再発予防の抗がん剤は?

2007年10月

2007年の5月に肺腺がんが発見され、6月に手術を受けました。病理検査の結果、病期は2A期でした。再発を予防するために、タキソールとパラプラチンの2種類の抗がん剤(注射薬)や、UFTという抗がん剤(飲み薬)の治療もできると主治医に言われました。手術は成功し、体調も良好です。この状態で、再発予防のために、副作用が起こりうる抗がん剤治療を受けたほうがよいのか迷っています。(岡山県 女性 67歳)A 最...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!