がん相談

子宮頸部にできた悪性黒色腫で脳転移。放射線治療が終われば治るのか

2017年1月

私の姉(45歳)が2年前に子宮頸部にがんができて、手術をしました。がんは悪性黒色種という病名で、子宮全摘と卵巣1個と半分を摘出しました。その後、昨年(2016年)1月に脳転移がわかり、ガンマナイフ治療をしました。今まで5回ガンマナイフ治療をしましたが、転移数は一向に減らず増えてしまい、9月から全脳照射をしています。全脳照射の副作用なのか足が全く動かなくなり、手も力が入らなくなってきています。放射線...

詳細はこちら

乳房外パジェット病でリンパ節転移。術後補助化学療法をしたほうが良いか

2017年1月

外陰部にかゆみを伴う湿疹のようなものができ、乳房外パジェット病と診断されました。手術で患部を切除し、リンパ節に転移もしていたので、リンパ節郭清(かくせい)も行いました。主治医からは、再発の可能性についても話がありました。再発しないためにも、術後に化学療法や放射線治療など、何か治療をしたほうが良いのでしょうか。治る可能性のある治療なら、できる限り受けたいと思っています。(66歳 男性 三重県)A 術...

詳細はこちら

直腸がんの肝転移。肝機能低下で転移の手術が困難に

2016年12月

昨年(2015年)4月、父(72歳)に直腸がんが見つかり、同時に肝臓への転移も見つかりました。直腸の病巣や肝臓に転移したがんの縮小・切除を目指し、抗がん薬治療を行ってきましたが、薬による影響で肝機能が低下して、手術が困難になってしまいました。現時点で、直腸のがんのみ手術することはできるのでしょうか。肝転移への手術ができなければ、直腸のがんの手術を行っても、体への負担が大きくなるだけで、あまり意味は...

詳細はこちら

人工肛門閉鎖後の排便の多さに苦慮。状態は落ち着くのか?

2016年12月

今年(2016年)1月に直腸がんの手術を受け、一時的に人工肛門を造設したのですが、先月、人工肛門を閉鎖する手術を受けました。事前に主治医から話があったものの、現在1日に便の回数が15~20回ほどもあり、1度外出時に漏らしてしまいました。この状態は次第に落ち着くものでしょうか。また漏らしてしまうかもと思うと、怖くて外出もままならない状態です。(67歳 男性 岐阜県)A 排便機能が改善する見込みは十分...

詳細はこちら

手術後に化学療法。術前化学療法のほうが治療成績は良いか?

2016年12月

姉(54歳)が2016年4月に乳がんと診断され、すぐに全摘手術をしました。5月から*EC療法で抗がん薬を4回投与、来週から*タキソール毎週を18回実施予定です。医師から十分な治療の考え方や選択肢の説明があったように思えませんが、すぐに全摘となっています。①EC療法後、タキソール投与という一般的治療の方針ですが、遺伝子検査で詳細解析することで、より適切な薬剤を見立てることが可能なのでしょうか?②術前...

詳細はこちら

ホルモン療法中だが、ダイエットサプリを併用しても良いか?

2016年12月

昨年(2015年)7月に、左胸乳がんが発覚し、全摘後、現在ホルモン療法中です。病期(ステージ)Ⅰ(I)、センチネルリンパ節転移なし、ホルモン感受性あり、HER2陰性です。術後はホルモン療法のみ行っているのですが、体重が治療前と比べて8kgも増加してしまいました。毎日ウォーキングをし、食事にも気をつけているのですが、補助的に糖質吸収などを抑えるダイエットサプリメントを併用したいと思っています。ホルモ...

詳細はこちら

直腸がんの術後にCA19-9の数値が上昇。原因は何か

2016年11月

CA19-9腫瘍マーカーについてお尋ねします。妻(69歳)が直腸がんの手術を経て3年近くになります。抗がん薬治療で肝臓の転移がんは小さくなり、現在CT画像では確認できないほどになっています。また、肺転移も認められず、回復してとても元気です。ただ最近になってCA19-9の数値だけが上がってきており心配しております。主治医は「CA19-9が上がってもがんとは限らない、CTでがんはないので気にしなくてよ...

詳細はこちら

直腸がんで肺転移。凍結融解壊死療法やラジオ波焼灼療法の効果は?

2016年11月

当初ステージⅢ(III)Aの直腸がんということで腹腔鏡下手術を行いました。リンパ節転移がありリンパ節郭清(かくせい)もしましたが、数年後肺に転移が見つかり手術をしました。しかし、翌年にもまた転移性肺がんが見つかり、その翌年にも見つかり、結局3度転移性肺がんの手術を行いましたが、また見つかりました。医師からはもうきりがないから(これ以上肺の手術はしないほうが良い)、抗がん薬による全身投与に切り替えた...

詳細はこちら

手術箇所のリンパ節局所再発。手術は難しいのか

2016年10月

妻(62歳)が3年程前、S状結腸がんで手術しました(ステージⅢ(III)a)。術後抗がん薬治療を行いましたが、最近になって手術をした箇所のリンパ節局所再発と診断されました。主治医からは、抗がん薬治療を行う旨、説明がありましたが、やはり手術は難しいのでしょうか。ちなみに、他の臓器への転移はありません。(64歳 男性 山形県)A 手術を見据えて、まずは抗がん薬治療を行うという考え方も獨協医科大学越谷病...

詳細はこちら

肺に小さな影。経過観察で良いのか

2016年10月

2012年に大腸がんのⅡ(II)期と診断され手術。14年に肝臓に転移が見つかり、化学療法(*FOLFOX+*アバスチン)を行い、肝臓への転移巣を切除しました。その後、経過観察を続けていたのですが、今年(2016年)7月にCT検査で肺に2カ所腫瘍のような影(2つとも4mm程度)が見つかりました。主治医の話によると、まだ2つとも手術するには小さすぎるため、経過観察するとのことです。このまま何もせずに経...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!