がん相談

大腸がん

70歳父の進行大腸がん。補助化学療法は受けたほうがよいか?

2010年3月

1カ月ほど前に、70歳の父が進行大腸がんで、開腹手術を受けました。S状結腸がんで、リンパ節転移が1個ありました。補助化学療法は受けたほうがよいのでしょうか。年齢のこともあり、補助化学療法を行ったほうがよいのかどうかについて迷っています。副作用が少なくて、有効な補助化学療法を教えてください。(岩手県 女性 42歳)A 補助化学療法は5年生存率78パーセントと、再発リスクを下げるリンパ節転移が1個ある...

詳細はこちら

進行直腸がんで手術ができない。効果的な化学療法は?

2010年3月

73歳の母のことで、相談です。かなり前から、便秘と下痢を繰り返し、体重もかなり減りましたが、病院に行くのを嫌がって、行きませんでした。やっと、近くの病院を受診しました。進行直腸がんで、手術はできないと言われました。化学療法しかないようです。幸い、歩くことはできます。母の楽しみは、自宅の庭の草花を育てることです。長生きをしてもらいたいと思います。そのために、少しでも効果的な化学療法を受けさせてあげた...

詳細はこちら

上行結腸がんの手術は開腹と腹腔鏡下のどちらがよいか

2009年12月

内視鏡検査で、粘膜下層まで浸潤している可能性のあるがんが上行結腸に見つかりました。CT(コンピュータ断層撮影)では、リンパ節転移ははっきりしていません。早期がんではありますが内視鏡治療の適応とはならず、外科手術になると言われています。ただ、その方法には、開腹手術と腹腔鏡下手術があると言われ、迷っています。傷口と手術後の痛みは腹腔鏡下手術のほうが小さいことはわかりましたが、手術の安全性や確実性はどち...

詳細はこちら

手術後、軟便でトイレに何度も行くように。旅行に行けるか

2009年12月

3カ月ほど前に直腸がんの手術を受けました。がんの再発は、今のところありませんが、便の回数が多く、また軟らかく、漏れることもあります。2010年の春には、友達数人と北陸へ旅行することを計画しています。こんな状態で旅行に行けるでしょうか。また、排便をスムーズに行う方法はないでしょうか。(千葉県 女性 56歳)A ある程度は時間が解決。場合によっては日程を延ばしてみては大腸の右側半分は主に水分を吸収する...

詳細はこちら

直腸がんで、肝臓および骨盤内リンパ節に転移。今後の治療法は?

2009年12月

父(58歳)のことでご相談します。父は2007年12月、直腸がんで、多発性肝転移と骨盤内リンパ節転移があると診断されました。手術を受ける予定でしたが、化学放射線療法に変更になりました。具体的には、原発巣に50グレイの放射線を照射し、5-FU(一般名フルオロウラシル)とエルプラット(一般名オキサリプラチン)の抗がん剤治療を受けました。その後、腫瘍マーカーのCEAは7ナノグラム/ミリリットルに、CA1...

詳細はこちら

退院後、UFTを服用しているがいつまで続けたらよいか

2009年8月

1年半前に、突然、激痛に襲われて、嘔吐もしました。病院で大腸内視鏡検査をした結果、上行結腸に腫瘍が見つかりました。その3カ月後に、手術をしました。リンパ節の転移があったため、リンパ節も取り除きました。ステージ(病期)は、3と言われました。病気になる前はお酒を飲むことが多く、ヘビースモーカーでした。術後は、お酒もたばこもきっぱりとやめました。退院後は、会社勤務の都合もあって、経口抗がん剤のUFT(一...

詳細はこちら

親族に大腸がん患者がいる。大腸がんは遺伝するのか

2009年8月

遺伝性の大腸がんについて、お聞きします。私の実母は、50歳代で直腸がんになりました。実母の親族の1人も、大腸がんになっています。4歳上の兄も大腸がんで手術を受けています。「明日はわが身」と、思うことがあります。最近、知人との会話の中で、大腸がんは遺伝するということが話題になりました。私のように、親族に大腸がん患者がいる場合、どのような検査を受けたらよいのでしょうか。仮に、遺伝する可能性が高いとした...

詳細はこちら

直腸がんが左肺転移の可能性。どんな治療を受けたらよいか

2009年8月

1年前、内視鏡検査で直腸がんと診断されて腹腔鏡下手術を受けました。病理検査の結果、ステージ2Bで、リンパ節への転移はなかったとのことです。退院後は、毎月、CT(コンピューター断層撮影装置)や、エコー検査を受けています。最近、左肺に6ミリほどの小さな影が見つかりました。直腸がんが、左肺に転移した可能性があるようです。しばらく、様子をみるとのことです。直腸がんの左肺への転移は、一般的な肺がんとは違うの...

詳細はこちら

直腸がんの手術後、頻便と下痢に。よい対策はないか

2009年1月

直腸がん(1期)の摘出手術を受けてから3カ月が過ぎました。手術は成功し、経過は順調であると主治医に言われていますが、1日に10回以上はトイレ(排便)に行き、そのほとんどが下痢です。整腸剤を飲んでいますが、効いているようにはあまり思えません。電車に乗るときなどは紙おむつを当てなくてはならない状態です。主治医には下痢は徐々に治まっていくと言われていますが、いずれは完全に普通の便になるのでしょうか。また...

詳細はこちら

IFL療法でひどい下痢になり、治療を中止。今後は?

2009年1月

2008年4月にS状結腸がんの手術を受けました。その後、リンパ節と肺への転移が確認されたため、IFL療法を受けました。ところがひどい下痢になり、脱水症状を起こし、3日間入院しました。今はIFL療法を中止していますが、今後、どのような治療が望ましいでしょうか。(高知県 男性 65歳)A FOLFOX療法を試みる方法もあるIFL療法とは、カンプトまたはトポテシン(一般名 塩酸イリノテカン)+5-FU(...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!