闘病記

がんと生きる

下着のプロは転んでもただでは起きなかった 乳がん患者を含む、女性のための美と健康のケアが目的の下着作りを目指す

2019年11月

西沢桂子さん 株式会社BRALABO 代表取締役 にしざわ けいこ 1963年生まれ。23歳からフリーのスタイリスト、ファッション誌の編集ライターを経て、42歳で通販会社にスカウトされ下着カタログ編集長。その後、下着の小売り会社でオリジナル商品の開発を手掛けていた2011年に乳がんを罹患、左胸全摘手術をしたことを契機に、退職。2013年9月、「下着と個々の身体の魅力を伝えるため」の下着企画開発会社...

詳細はこちら

グリオーマ、悪性リンパ腫、骨髄性白血病と3度のがんを乗り越えられた理由 娘の20歳の誕生日までは死ぬわけにはいかない・後編

2019年10月

高山知朗さん 株式会社オーシャンブリッジ・ファウンダー たかやま のりあき 1971年長野県伊那市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループで各種コンサルティングプロジェクトに従事。その後、Web関連ベンチャーを経て、2001年、海外のソフトウェアやクラウドサービスを発掘して日本語化し、日本企業向けに販売する株式会社オーシャンブリッジを設立、代表...

詳細はこちら

グリオーマ、悪性リンパ腫、骨髄性白血病と3度のがんを乗り越えられた理由 娘の20歳の誕生日までは死ぬわけにはいかない・前編

2019年9月

高山知朗さん 株式会社オーシャンブリッジ・ファウンダー たかやま のりあき 1971年長野県伊那市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループで各種コンサルティングプロジェクトに従事。その後、Web関連ベンチャーを経て、2001年、海外のソフトウェアやクラウドサービスを発掘して日本語化し、日本企業向けに販売する株式会社オーシャンブリッジを設立、代表...

詳細はこちら

舌がんになった医師が、再発予防のため辿り着いた結論とは 16時間の空腹時間を作ってみることを勧めます

2019年8月

青木 厚さん あおき内科/さいたま糖尿病クリニック院長 あおき あつし 自治医科大学さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、2015年青木内科・リハビリテーション科(2019年に現名称に)を開設。糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病が専門。自身も40歳で舌がんを患うも食事療法を実践してがんの再発予防に努めている。ライザップの医療監修ほか「行列のできる法律事務所」(日本テレビ系)「直撃!コロ...

詳細はこちら

若き美容師が骨巨細胞腫になって気づかされたこと 訪問美容を日本の新しい文化に

2019年7月

小池由貴子さん 「訪問美容 と和/コミニティサロン と和」代表・チーフディレクター こいけ ゆきこ 山野美容専門学校卒。美容師200人が所属する、都内17店舗のチェーン店で12年間従事。ヘアメニューだけではなく、エステ・ネイル・着付けなどトータルビューティーのスキルを修得する。そんな中、骨巨細胞種という膝に腫瘍が発覚、骨盤移植の大手術を行う。1年間の車椅子のリハビリ生活で、ご自宅でもお気軽に受けら...

詳細はこちら

自分の体験を医師として患者のために生かす 自己触診ができる乳がん、自分の直感をもっと大切に

2019年6月

筑丸志津子さん ケセラスキンケアクリニック院長 ちくまる しずこ 1986年東海大医学部卒。卒業後、関東逓信病院で内科、麻酔科、皮膚科診療に従事。2002年横浜市青葉区に「松風台クリニック」を開設。2004年「ケセラスキンケアクリニック」を開設。著書に『皮膚科ドクター推奨免疫メディカルコスメで美しく生まれ変わる!』(メタモル出版)『最強のアンチエイジング リセットスキンケア』がある 叔母2人が共に...

詳細はこちら

子宮体がんで子宮と卵巣を全摘した「歌う尼さん」 思い通りにいかないほうが人生は深くなる

2019年5月

やなせななさん シンガーソングライター/浄土真宗本願寺派華咲山教恩寺住職 やなせ なな 1975年奈良県高市郡高取町生まれ。1999年龍谷大学文学部真宗学科卒。2004年5月シングル『帰ろう。』で歌手デビュー。2010年浄土真宗本願寺派華咲山教恩寺継職。これまでに5枚のアルバムを発表しCMソング、ゲームのテーマソング、劇中歌などに採用される。ラジオ番組のパーソナリティ、講演活動、映画の企画・脚本・...

詳細はこちら

2度の舌がん手術を乗り越え新たな夢に挑戦 がん患者や障がい者が生きやすい社会を目指して

2019年4月

渡部 亮さん 元・平塚市職員 わたなべ りょう 1979年5月神奈川県平塚市生まれ。2003年神奈川大学経営学部卒。2004年平塚市役所入庁。2012年慶應義塾大学大学院健康マネジメント修士課程修了。2015年ステージⅣaの舌がんを告知され舌半分と頸部のリンパ節を切除。退院直後の全日本スノーボード技術選手権で上位入賞し、スノーボードデモンストレーターに選ばれる。翌年準優勝。昨年(2018年)12月...

詳細はこちら

働き盛り38歳2児のパパが突然、中咽頭がんステージⅣaと宣告されたら がん患者になった私が皆さんに伝えたい2つのこと

2019年2月

花木裕介さん ティーペック株式会社 サービス企画部サービス企画室 マネージャー はなき ゆうすけ 1979年広島県福山市生まれ。2001年中央大学文学部卒業後、文化放送開発センター入社、コーチ・エィ、NTTデータユニバーシティ等を経て2016年から現職。2017年12月中咽頭がんステージⅣa宣告後よりブログ「38歳2児の父、まさかの中咽頭がんステージ4体験記~がんチャレンジャーとしての日々~」を開...

詳細はこちら

膵がんステージⅣ「余命7カ月」の宣告。絶望から這い上がり完治した男の物語「ゴミになってたまるか」(後編)

2018年12月

川嶋勝美さん(協同組合タッケン理事長) かわしま かつみ 1948年4月13日青森県蓬田村生まれ。早稲田大学中退。銀座でたこやき屋を手始めに青森博報堂、家具のキノシタ、協同組合タッケンに創立時から参画。現在、同理事長。NPO法人ライフサポート青森代表、NPO法人青森地域再生コモンズ代表。2007年膵がんステージⅣを宣告され、2017年12月がん患者としての保護観察終了。著書に『すい臓がんステージⅣ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!