がん相談

非小細胞肺がん

タルセバの副作用は?

2013年2月

私は、2004年3月3日ある病院で肺腺がんの手術を受けました。右上葉、下葉を切除。その後、3クールの抗がん薬治療をしました。3年前に左肺に再発、イレッサ*を服用してきましたが、1カ月前の診察で数値が高くなり、がんも大きくなったようです。2013年1月からタルセバを服用することになりました。イレッサが効かなくなったことで、次の薬を使うことになりましたが、副作用に不安があります。どうしたらよいでしょう...

詳細はこちら

Ⅱ期の非小細胞肺がんの治療法は? 

2013年2月

ⅡA期の非小細胞肺がん(扁平上皮がん)と診断されました。腫瘍の大きさは4.2㎝です。肺葉切除術とその後の抗がん薬治療、または外部放射線治療を治療選択として、考えております。どちらの治療法を選択するのが、より根治に近づくのでしょうか。(愛知県 男性 50歳)A 体力があれば手術+抗がん薬治療をご相談者がⅡA期ということは、大きさが5㎝より小さいので、腫瘍と同じ側の気管支の周り・肺門・肺内のリンパ節に...

詳細はこちら

術前化学放射線療法とは?

2013年2月

ⅢA期の非小細胞肺がん(肺尖部胸壁浸潤がん)と診断されました。リンパ節転移はありません。医師からは、術前化学放射線療法を行ってから手術をすると言われております。この術前化学放射線療法とは、具体的にどのような治療なのでしょうか。(山形県 男性 59歳)A 抗がん薬治療と放射線治療を行ってから手術当院でも術前化学放射線療法を行うことが、年間2~3例あります。治療内容は、抗がん薬はシスプラチン*+ナベル...

詳細はこちら

進行非小細胞がんの維持療法はしたほうがいい?

2012年2月

4期の非小細胞肺がんです。維持療法という、治療によってがんが縮小、消失した状態を持続するために行う化学療法があることを聞きました。少しでも長く生きられるように頑張りたいとは思うのですが、実際のところ、効果や副作用はどの程度のものと考えられているのでしょうか。(埼玉県 男性 69歳)A 再発までの時間を延ばす効果がある一昔前まで、維持療法は抗がん剤の副作用が強い割には、それに見合うだけの効果が出ない...

詳細はこちら

肺がん1b期。術後の化学療法の効果は?

2012年2月

先日、肺がんの手術を受けたところ、非小細胞がん(腺がん)1b期との診断。腫瘍の大きさは、3.5センチでした。医師より術後補助療法として、抗がん剤治療を受けるように言われています。抗がん剤治療は、副作用がつらいとよく聞きますが、どの程度のものなのでしょうか。また、どの程度、効果があるものなのでしょうか。教えてください。(東京都 男性 72歳)A 副作用が温和な飲み薬の抗がん剤で2年間の治療非小細胞肺...

詳細はこちら

出産後、肺がんと診断。子どもへの影響は?

2012年2月

今年の健診で肺がんが見つかり、非小細胞肺がん1期と診断され、手術を受けました。昨年、子どもを出産していますが、がんが体にある期間に妊娠をしていたのではないかと心配です。子どもへの影響は大丈夫でしょうか?(神奈川県 女性 35歳)A 直接的な影響はない相談者のケースでは、妊娠期間中に体のなかにすでにがん細胞があっただろうと考えられます。ただし、母体のがんが胎児に影響を及ぼし、結果として小児がんの発生...

詳細はこちら

3b期の非小細胞肺がんで、喘息傾向あり。治療法は?

2012年1月

3b期の非小細胞肺がんで、化学療法を勧められました。放射線治療を同時に行う方法があるようですが、長年の喫煙による喘息傾向があるため、勧められないとのことです。化学療法だけで大丈夫でしょうか。(北海道 男性 76歳)A 化学放射線療法は勧められないが、逐次療法を検討して喫煙によって喘息発作のような症状が起こる人は、もともと肺がたばこによるダメージを受けている場合が多く、放射性肺臓炎や間質性肺炎の急性...

詳細はこちら

ALK阻害剤とはどんな薬か

2012年1月

非小細胞肺がんの腺がんです。腺がんだとALK阻害剤という新しい薬剤による治療が受けられる可能性があると聞きました。ALK阻害剤とはどんな薬なのでしょうか。またこの治療を受ける場合、どうすればいいのでしょうか。(東京都 男性 49歳)A 有効な条件に合えば臨床試験をALK阻害剤とは、腺がんで、非喫煙者で、50歳以下で、EGFR遺伝子の変異がなく、EML4-ALK遺伝子がある患者さんに有効とされる分子...

詳細はこちら

術後に再発。抗がん剤治療は続けるべきか

2011年11月

肺腺がんで右下葉切除の手術を受けました。リンパ節転移はなく、病期は1A期でした。術後はUFT*を服用しながら経過観察していましたが、2年4カ月後、鎖骨に悪性腫瘍ありとの所見が出ました。それ以外の臓器や腫瘍マーカーには異常がありません。現在、病理検査中で、それが肺からの転移だったら、放射線と抗がん剤の治療を行うといわれています(UFTの服用は主治医の判断で中止)。私の場合、抗がん剤治療をまだ続けなけ...

詳細はこちら

肺腺がんの胸膜播種。よい治療法はないか

2011年11月

64歳の夫のことでご相談です。夫は3センチ大の右肺腺がんが見つかり、くわしい検査の結果、胸膜播種が認められるため、ステージ(病期)4と診断されました。医師から「手術は難しく、全身化学療法くらいしか手はない。予後は極めて厳しい」といわれました。胸膜播種でも期待できる何かよい治療法はないでしょうか。(三重県 女性 62歳)A 全身化学療法を勧める胸膜播種というのは、がんが肺を覆う胸膜を突き破って、そこ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!