がん相談

大腸がんⅣ期。もう治療法はないでしょうか

2019年8月

2016年11月に上行結腸(じょうこうけっちょう)がん・ステージ(病期)Ⅳと診断。腹膜播種(ふくまくはしゅ)と肝転移を起こしている。同年12月に手術。2017年1月より*XELOX+アバスチン(一般名ベバシズマブ)療法開始。2018年10月に肺転移が見つかる。そこでご相談です。副作用で手足のしびれが酷くなったため、2017年5月よりエルプラット(一般名オキサリプラチン)の投薬を中止。その後、しばら...

詳細はこちら

ステージⅠの大腸がんが悪化。完治する治療法はないか

2019年8月

2014年8月に大腸内視鏡検査で大腸がんが見つかる。手術1週間後、穿孔により1週間絶食。その後、経過観察(抗がん薬投与はなし)。2015年7月にCT検査で、肝転移(7カ所、最大4.5㎝)が見つかり、8月から12月まで*FOLFOX療法を受ける。2016年1月転院。肝臓手術。残肝臓が25%程度しか残らず、残った肝臓を大きくする手術(経皮経肝門脈塞栓術)を受ける。2月転移性肝がんの手術を受ける(右側大...

詳細はこちら

S状結腸がん・ステージⅢb。抗がん薬治療だけは避けたいが、他にどんな治療法があるか

2019年8月

腸閉塞になり精密検査をすると、S状結腸のがんが見つかりステージⅢbと診断されました。腫瘍を摘出する手術を受けましたが、術後切開した箇所が癒着したため、再度開腹手術を受けました。その過程でリンパ節と肝臓に転移が見つかり、抗がん薬治療を勧められました。肝臓に転移した腫瘍は1個で大きさは1㎝ぐらいです。私は現在、手が離せない仕事をしており、抗がん薬で体力を消耗して仕事ができなくなることは何としても避けた...

詳細はこちら

タキソテールを中断した場合の影響について知りたい

2019年7月

2018年7月の健康診断で左胸にがんが見つかりました。精密検査の結果、微小乳頭がんステージⅠと診断されました。病理検査の結果は大きさ1.7㎝、手術時検査のセンチネルリンパ節転移はゼロ。術後病理検査でER:マイナス、PgR:マイナス、HER2:陽性、Ki67:38%、切除断端:腫瘍なし、脈管侵襲:プラスで手術後、抗がん薬治療中です。そこでご相談ですが、*EC療法4回を終え、*タキソテール(一般名ドセ...

詳細はこちら

抗がん薬治療はなるべくならしたくないのですが

2019年7月

2018年11月末に乳がんステージⅡと診断されて乳房温存手術を行いました。リンパ節転移が12個あり、リンパ節廓清(かくせい)をしました。ホルモン受容体、エストロゲン、プロゲステロン共に陽性。脈管侵襲が陽性、核異形度:2、HER2:陽性1+、Ki67:10.8%、今後の治療はルミナルAタイプ、ホルモン療法として*ノルバデックス(一般名タモキシフェン)10年、そして放射線ということです。ただ、脈管侵襲...

詳細はこちら

BCA225腫瘍マーカーが上昇してきて心配

2019年7月

2011年に乳がんステージⅠで乳房温存手術を行いました。悪性度2、ホルモン感受性は5%未満、HER2陰性で抗がん薬と*リュープリン(一般名リュープロレリン)を2年、*ノルバデックス(一般名タモキシフェン)を5年行いました。2012年放射線肺蔵炎でステロイド治療、最近は逆流性食道炎からバレット上皮に。そこでご相談です。2011年にBCA225腫瘍マーカーは135でしたが、2016年から基準値を越えて...

詳細はこちら

慢性骨髄性白血病の子供。このままグリベックで治療を続けたほうがいいか

2019年6月

6歳で慢性骨髄性白血病(CML)を発病した長男のことでご相談です。現在、12歳ですが*グリベック(一般名イマチニブ)3錠服用でMR(分子遺伝学的奏効)4.0(BCR-ABL=0.01)を行ったり来たりしている状態です。グリベックでの治療は、副作用がほとんどないため、本人はこのままの治療で良いと思っているようです。しかし、親としてはMR4.5を目指し、最終的には薬の中断・中止を目指したいと考え、*ス...

詳細はこちら

慢性骨髄性白血病の母。スプリセルで寛解にならないと抗がん薬治療は出来ないのか

2019年6月

2018年4月、69歳の母が慢性骨髄性白血病(CML)になり、慢性期を維持するために薬を服用していたのですが、薬が効きすぎて休薬し、ほとんど薬を服用していない状態でした。*スプリセル(一般名ダサチニブ)に変更しても、白血球や血小板の数値が下がり過ぎて休薬。そうこうしているうちに急性転化してしまい、入院してスプリセルを3週間ほど服用して、その後、抗がん薬治療をして慢性期に戻す治療をすると説明されまし...

詳細はこちら

多発性骨髄腫の母の治療。維持療法が最善の治療方法か

2019年6月

母が2017年11月に61歳で多発性骨髄腫(MM)を発症し、自家移植と*VRD療法を受けました。2018年4月に退院し、1カ月ごとに定期検診を受けています。2018年の12月の定期検診でλ(ラムダ)型フリーライトチェーンが50.2と増えており、k/λ比が0.21と低くなっていて、λ型フリーライトチェーンの数値がこのまま増えるなら、維持療法をしましょうと医師から言われました。現在のステージや、今後の...

詳細はこちら

ノルバデックスを続けるか、次のホルモン療法にするか迷っている

2019年5月

2018年3月に乳がんの告知を受けました。リンパ節、骨に転移があったので手術はせず、ホルモン療法薬*リュープリン(一般名リュープロレリン)、*ノルバデックス(一般名タモキシフェン)、*ゾメタ(一般名ゾレドロン酸水和物)を始めました。原発腫瘍の大きさは7㎜。肝臓に怪しいのが1つあると言われました。3カ月後の6月に腫瘍、リンパ節、骨全てが縮小しているとのCT結果でした。しかし、11月に腫瘍が大きくなっ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!