闘病記

悪ガキは、排除するのではなく、眼差しを向けてあげると変わる 作家/僧侶・玄侑宗久 × 鎌田 實

2006年2月

がんという病気は、医療だけで治すのはなかなか難しい面がある。そこで、今回は現役の禅宗の僧侶であり、芥川賞作家である玄侑宗久さんをお招きして、鎌田さんと語り合っていただいた。玄侑さんは、禅宗の修行を積まれ、その方面の知識が豊富なばかりでなく、大脳生理学や量子物理学などにも精通し、人間の生き方の根本について、深い洞察力と胆識を持っておられる。わかりやすく、示唆に富んだ彼の語りをどうぞ。  げ...

詳細はこちら

がんが私から奪いさったもの、与えてくれたもの 病気に負けないために大切なことは、自分に負けないこと

2006年2月

2004年の猛暑の夏、私は長い間一緒に暮らしていた大好きな彼に別れを告げられた。いろんなことがあったが、恥ずかしながら? 別れたきっかけになったのはよくある男女間のトラブルで、「カレにホカにスキナヒトがデキタ」なのだ。決して珍しいことじゃない。ただ、ちょっと人より違っていて、ちょっと人よりつらかったのは、私は“癌”という病魔と闘っている途中のできごとだったということだ。“癌”という漢字は誰が考えた...

詳細はこちら

悪性リンパ腫を乗り越えた「記者魂」 読売新聞西部本社法務室長・広兼英生さん

2006年2月

書くことで整理し、書くことで鼓舞してきた 広兼英生さん (ひろがね ひでお) 読売新聞西部本社法務室長 治る可能性が何割くらいかを尋ねると、医師は一瞬、言葉につまり、そして静かに言った。「治癒率(生き延びる可能性)は、5割以下とされます――」医師からこう宣告され、ショックを受けない人はいないはずだ。病名は「胃原発悪性リンパ腫」。広兼英生さんは病気の深刻さを知った夜、突然の恐怖に襲われた。「夜にな...

詳細はこちら

氷壁に挑み続ける山男の「がん」をものともせぬ生き方 登山家・磯部道生さん

2006年2月

夢をあきらめない。それが、「生きる」ということ 磯部道生さん (いそべ みちお) 登山家 関西屈指の温泉地・有馬は、六甲山の北側に位置する盆地だ。街から近い手軽な温泉として、関西人に人気がある。その地元で、「有馬3奇人」の1人とされるのが、登山家・磯部道生さん(61歳)だ。彼は、2003年8月、胃がんで、胃と脾臓の全摘手術を受けた。ふつう、「がん」と診断されれば、動揺する。手術前後は、ふだん忙し...

詳細はこちら

「絶対泣かない」と心に誓い、膵がんと闘った1年(2)

2006年2月

2. 入院 2004年1月 誕生日祝いに長女と 平成11年夏から膵嚢胞を観察するため、半年に1度エコーを撮ることになった。幸い私の膵嚢胞は変化なく、無事5年が過ぎた。 15年7月の検査のとき、「5年間何ともないので次は1年後にしますか」とK医師から言われた。一瞬迷ったが「半年に一度安心を得たいので、1月にまた来ます」と答えていた。 K医師は平成16年1月19日に予約を入れた。それが運命...

詳細はこちら

「絶対泣かない」と心に誓い、膵がんと闘った1年(序)

2006年1月

小川嘉子さん おがわ よしこ 社会保険労務士。神奈川県在住。2女の母。昭和62年社会保険労務士のご主人と小川労務管理事務所を開設。平成10年10月人間ドックで膵臓に嚢胞が見つかる。平成16年1月膵がんの診断を受け手術。術後抗がん剤治療を受ける。 社会保険労務士としてご主人とパートナーを組んで、また2人の娘の母として忙しく働いていた小川嘉子さん。これは、膵がん告知にはじまり、手術、術後...

詳細はこちら

「絶対泣かない」と心に誓い、膵がんと闘った1年(1)

2006年1月

1. 検査 「先生、これはがんですか?」 「そうですね」 「切れますか?」 「切れますね」 「部分ですか?」 「いや、全摘ですね」 平成16年1月19日、T大学医学部付属病院消化器内科の診療室、K医師との会話である。シャーカステンに並べられた3枚のエコー写真には膵体部の右、頭部に近いほうにはいつもの見慣れた嚢胞。それに加えて尾部に近い上部に新たに12ミリほどの腫瘍が写ってい...

詳細はこちら

物言わぬがん患者から考えるがん患者へ変身した元巨人軍投手・横山忠夫

2005年12月

横山 忠夫 よこやま ただお 北海道網走市出身。55歳。 網走南ヶ丘高校でエースとして活躍し、3年の夏甲子園出場。 卒業後立教大学に進学し3年の春にノーヒットノーランを達成するなど神宮でも活躍。 1972年のドラフトで巨人軍から1巡目指名を受け入団。 4シーズン目の1975年にローテーション入りして8勝をマーク。 77年に自由契約になったあとロッテにテスト入団し1シーズン在籍後、引退。 1軍での通...

詳細はこちら

多くのサポートに恵まれ、在宅で家族と過ごす 最後の最後まで笑って過ごしたい

2005年12月

2004年の3月。普段は自分の胸なんか触らないのに、そのときは右胸がかゆくて、触ったら「あれ?」って思ったんです。それぐらい大きいしこりでした。実は、2003年9月に市の乳がん検診(触診のみ)を受けていましたので、今から考えると進行が早いタイプのがんだったのかもしれません。すぐに近所の総合病院で検査を受けて、そのとき先生が看護師さんに陰で「ほぼクロ」と言っているのが聞こえました。結果が出るまでの1...

詳細はこちら

前立腺がん、食道がん、胃がん、直腸がんの多重がんを乗り越えた食生活革命 レストラン「アラスカ」会長・望月豊さん

2005年12月

望月豊さん (もちづき ゆたか) レストラン「アラスカ」会長 大阪・中之島のオフィス街のど真ん中にある老舗のレストラン「アラスカ」。その会長である望月豊さん(77歳)は3年前、前立腺がんになった。しかし、もっと大変だったのは、それから1年も経たないうちに食道がん、胃がん、直腸がんという多重がんに襲われたことだ。この一大事を彼は食生活を一変させることで乗り切ろうと考えた。肉中心から野菜と魚中心の...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!